人生をシンプルで楽しくする! 80対20の法則のシンプルな考え方

1520views本が好き本が好き

このエントリーをはてなブックマークに追加
楽して、儲けて、楽しむ 80対20の法則 生活実践篇

80対20の法則のポイント

  • 構造的な要素を理解し、販売手法に生かすと、駄目セールスマンが並みのセールスマンに変身し、並のセールスマンがスーパースターに変身することがある
  • 非生産的なものから生産的なものに資源を再配分する
  • ほとんど影響力がない多数と、圧倒的な影響力を持つ少数
  • 不均衡が大きいほど、データの利用価値が高まる
  • 努力の平均水準を上げるのではなく、努力を一点に集中する
  • 80対20分析から単純な結論を出してはいけない。正しい戦略を立てる際の必要条件だが、十分条件ではない
  • プロジェクトの中に製品やサービスの設計が入っていたら、勝負は設計で決まると考える。
  • 素晴らしいことを成し遂げるのは、ものを選び分ける能力があり、一度決断したら迷わない人である
  • これができたら最高に嬉しいと思うことは何か?自分には簡単にできるが、他人には簡単にできないことは何か?
  • 楽しさや得意度を測定できるとして、仲間の95%より自分が楽しいと思うことは何か?仲間の95%より自分が得意とするものは何か?その両方の条件を満たすものは何か?を考えよう
  • 答えを教えてくれるのは、異端児や1匹狼や変わり者である。
  • 簡単にできそうなことに力を集中する
  • 一番の力の低い従業員でも、コスト以上の価値を生み出してさえいれば問題はない。

複雑にすると儲からなくなる!

  • 作れば作る程儲からなくなる
  • 管理職は複雑にすることが好き
  • 問題は規模の拡大ではなく、複雑化にある。複雑化せずに規模が拡大すれば、必ず単位当たりのコストは下がる。そして、それまでと同じ価格で製品やサービスを提供すれば、必ず利益率は上がる。
  • 単純化で標準化されたもののほうが、複雑なものより、はるかに生産性が高く、コスト効率が高い。単純なメッセージ程、人の心をとらえ、深い真実を含んでいる。構造とプロセスが単純な程、魅力であり、同時にコストもかからない。あらゆる形態のセルフサービスと同様、こちらが出向くのではなく、顧客の方から歩み寄って来るようにするのが一番いい。
  • どんなにことでもやり過ぎれば害がある。分析をやりすぎないこと

新しいイノベーションを起こす商品が新しい市場を作り出す

  • 冷凍庫がなければ、冷凍食品を欲しがる人はいない。作った製品が新しい市場を生み出していく。
  • 感想

    シンプルに80対20の法則で考えると人生が大きく変化します。実践例も豊富でおすすめの1冊。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く