ハイテク業界のマーケティング! キャズムからトルネードを起こせ!

3372viewsyakiyama0310yakiyama0310

このエントリーをはてなブックマークに追加
トルネード キャズムを越え、「超成長」を手に入れるマーケティング戦略

概要

キャズムを超えた製品/サービスには「トルネード」が待っている。
この「トルネード」をどのように手に入れるか。

キャズムグループ代表、ジェフリー・ムーアによる、「キャズム」に続くハイテク産業における必読マーケティングの基本書。

キャズム後の3つのステップ

 ボウリングレーン—特定のニッチの需要を満たすホールプロダクトの開発
 トルネード—一般の顧客層を新しいパラダイムを使用し始める
 メインストリート—パラダイムは普及し、更なる可能性を求める

ニッチ戦略(ボウリングレーン期)

 特定の市場に絞ることによって、容易にホールプロダクトを開発可能
 利益率が高く、固定顧客を得る事が可能
 連鎖反応が可能

大衆市場戦略(トルネード期)

 対象はインフラ責任者
 ホールプロダクトのコモディティ化
 大衆市場でのシェア獲得にむけ、競争に基づく価格設定

マス・カスタマイゼーション(メインストリート)

 対象はエンドユーザー
 コモディティ化した製品の差別化によりユーザーのニーズを満たす
 差別化要素によって高価格を実現

所感

キャズムを超えた製品/サービスが次にどのような戦略を取るべきなのか。
誰に対象を当ててマーケティングをすべきなのか。
本書では章末にそれら戦略の違いを表によって比較しており、非常に分かりやすい。

「キャズム」での内容をふまえた上での内容となっているので、本書の前に「キャズム」を読む事を強くおすすめ。(キャズム by ジェフリームーア http://bukupe.com/summary/749)

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く