弁護士が教える!誤解なく読み手に伝える書き方のヒント

1490viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
弁護士が書いた究極の文章術―誤解なく読み手に伝える書き方のヒント28

書き方のヒント

・ひとつの文章に同じキーワード(一番言いたいこと)を繰り返し使う

・用語を統一することで、読み手に余計な思考をさせず本文に集中させられる

・一文を短くすることで、主語述語の関係が明確になる

・構成に時間をかける

・書く前に結論を決める

・大胆にメリハリをつける(あえて書かない事項も作れば重要事項が目立つ)

・書く前にページ数を決める(限定するので惰性の無駄な文章が削れる)

・ひらがなと漢字のバランスを意識する

・事実と意見を区別する

・どんなときでもすっと読める文章にする(相手が暇なときに読むのはラッキーな場合)

・読み手に感動・感激・達成感をプレゼントする

・読み手をリアルに意識する

・その文章にふさわしい文体を使う

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く