キャリアの手帖・36人のケーススタディの書評・感想まとめ

1708viewsmarumaru

このエントリーをはてなブックマークに追加
キャリアの手帖・36人のケーススタディ

20代から50代まで、幅広い人達の転職・転身の姿をキャリアコンサルタントの目線で追ったドキュメント。これからのキャリアを考える人、職業人生の転機を迎えている人たちへのメッセージ。

世間一般でいう大企業に努めていても、どうなるかわからないと痛感している人たちも多いと思う。これまで会社に自身のキャリア形成を依存してきて、昨今の状況から今後どうして行くべきか悩んでいる人たちにオススメ。

また、20代から50代のさまざまなケースから、それぞれの世代の考え方の違いが見えてくる。どうして今の若いものは・・・。どうして今の上司たちは・・・と思っている人たちにもその背景が見えてくるかもしれない。

仕事との向き合い方・自身のキャリア形成には、模範解答があるわけではないので、本書を読んだだけで、その難しい問題の答えが出ることはないと思う。しかし、多くの人達の転職時の体験、転職してからのことが多く述べられている本書を読み、キャリアコンサルタントである著者からの質問を目にすることで、問題に対処するきっかけになると思う。

副題の「あなたからチャレンジを奪ったら何が残りますか?」
グサッと来る一言である。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く