世界一の投資家ウォーレン・バフェットの巨富を生み出す7つの法則

5077viewsreading_boxreading_box

このエントリーをはてなブックマークに追加
ウォーレン・バフェット 巨富を生み出す7つの法則

法則1 世間を眺めて判断しない-「逆」が富を生み出す

・賢者は考える時に意見を求め、凡人は決める時に意見を求める。
・事前の「自制」は、事後の「反省」に優る。
・世間が「すべきだ」で動く時、成功者は「好きだ」で動いている。
・市場に問うな。自分に問え。
・強欲は100の手を持つが、1つの信頼もつかめない。
・ビジネスは二者択一。「一番手」か「その他」かである。
・「規律の下僕」になれる人が、「人生の主人」になれる人。

法則2 成功したらそれ以外やらない-「限定」が富を生み出す

・富豪は「損もしながら儲ける」と考えない。損しない方法だけを考える。
・すぐ手を出すと、すぐ手を引くことになる。
・意気込みは大いに。見込みは少な目に。
・綱渡りで落ちるのが怖いかい?綱渡りをしなければいい。
・バラも花が枯れれば、イバラと同じ。

法則3 ストライクのほとんどを見送る-「待ち」が富を生み出す

・夢を見るには、悪夢を見ない力が必要である。
・勝たないと「勝てば官軍」になれないが、どんな人も「待てば官軍」になれる。
・急いで決めるな。決めたら急げ。
・早く走り始める人は、早く走れる人に勝つ。
・欲望が倍になると、危険も倍になる。

法則4 バカでも経営できる会社を選ぶ-「スタート」が富を生み出す

・最初の選択は、成功の過半をなす。
・弱みで戦わないことが、強みで戦う一番の条件。
・配偶者は健康で選ぶ。会社は堅牢さで選ぶ。
・過去を見落とすと未来を読み誤る。
・運は君をゆっくり追ってくる。急ぐと運は君に追いつけない。
・リスクを負えないなら、利益も追わない。

法則5 一攫千金を禁じる-「当たり前」が富を生み出す

・チャンスは少し離れて見たほうがよく見える。
・成功は折り畳まれた努力である。
・一銭の金も実践なしでは得られない。
・あれこれやりたい人は、何もやれない人である。
・お金は投資に使え。時間は自分に使え。

法則6 敗者の少ない勝ち方をする-「分配」が富を生み出す

・お金を使い果たす人は、運をも使い果たす。
・分かち合うのは、勝ち方の一つ。
・凡人は自分の取り分を大きくする。賢者はパンそのものを大きくする。
・衝突を避けるには正直に言うことである。
・富みたいなら倹約に留意し、富んだなら贅沢に注意する。
・評判は最大の紹介状。
・お金の儲け方で知恵がわかり、お金の使い方で人格がわかる。
・単に残すのではなく、残すべき人に残せ。

法則7 人にほれこむ基準を持つ-「相棒」が富を生み出す

・他人に信用されたいなら、言葉を善用する。
・一人の賢者を知ることは、新たな自分を知ること。
・人生を変えたいなら、友人を変える。
・馬車を馬につなぐのもいいが、星につなぐのはもっといい。
・会うことは、決断を正しくする。
・疑うならば任せない。任せたならば疑わない。
・やったことよりも、やらなかったことで人生は決まる。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く