なかなか眠れない人のための8つの熟眠法

3153viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
熟眠の本―なかなか眠れない人のための

寝具による塾眠法

・敷きふとんは、フカフカしたものよりも堅めのほうが快眠に適している
・敷きふとんの横幅は、肩幅の2.5倍から3倍が最適である
・ソバガラの枕は頭にぴったりフィットし、頭の動きも自由になる
・枕は、両肩がすっぽりのるくらいの大きさのものが望ましい
・シーツは水分の吸収率の高いタオル地がいい

寝室の整え方による熟眠法

・中間色のインテリアは落ち着いた寝室のムードをもたらす
・明け方の明るさを基準に、寝室のカーテンや雨戸を考える
・夏の寝室は、寝る数時間前から外気を導入しておく
・冬の寝室は空気の循環のために、扇風機が役に立つ

音による塾眠法

・単調な刺激は、自然に眠気をもよおさせてくれる
・就寝前に静かな音楽を聴くと精神の緊張がとれ、塾眠のための態勢を整えられる

お酒による塾眠法

・眠りを促すため飲むお酒は、自分の好きなお酒にする
・お酒は就寝前30分~1時間ぐらいのときに飲む

食事による塾眠法

・夕食後、最低一時間たってから就寝する
・空腹で眠れないときは、ホットミルクを一杯飲むといい

スポーツ・入浴による塾眠法

・就寝直前の激しい運動は、寝つきを悪くする
・就寝30分前くらいに、軽い数分間の運動をする
・入浴では、熱い湯より、ゆるい湯に入ったほうがいい
・入浴は、睡眠前の30分から1時間くらいまでに行なう

気の持ち方による塾眠法

・寝る前は日記をつけて、ストレスを解消する
・手紙や、不平・不満を書きつらねるのも、ストレス解消に効果的
・寝る1時間前は、大脳を刺激する仕事や勉強をしない
・寝る前は、毎晩同じことをする自分なりの"入眠儀式"をつくる

セックスによる塾眠法

・心身のバランスのとれたセックスは最良の睡眠薬となる
・オナニーは、前後に適度な運動を加えれば、目が冴えてしまうことはない

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く