ビジネスマンに必要な「〇〇力」

5358views雑誌好き雑誌好き

このエントリーをはてなブックマークに追加
一生、仕事に困らない!  29歳までに手に入れたい5つの箱

仕事で結果を出せる人になるために必要な力

・自分だけがもつ強みを生かす「ブランディング力」
・時流を的確につかむ「マーケティング力」
・数字でものごとを考える「数字力」
・どんな人とも円滑な関係を築ける「コミュニケーション力」
・人の心を動かす「人間力」

ブランド力

著者の考える「自己ブランディング」は、ほかとどう違うのか
1. リアルな実体験から生み出されるものである点
2. すぐにはじめられるシンプルな方法なのに将来の自分を支えるブランドを形成できるという点

ブランド力を身につけるため方法
1. 自分にできることから始める
2. 目標やビジョンを明確にすること
3. "20代"という強みを生かすこと

マーケティング力

刻々と変化している時代の厳しいビジネス社会で生き残っていくためには時流をいち早く、的確に掴む力が必要。そのために、マーケティングの考え方を知ることが効果的。
著者なりの捉え方=マーケティングは「世の中の時流をとらえる力」

時流を掴むためにすべきこと
1. 良質な情報をインプットできる手段を知ること
2. 「WHY(なぜ)?」の観点で考えること
3. 他人の視点を取り入れること

数字力

数字力とは、「数字で物事を考える力」

1. 自分の時給を計算してみる
2. 自分の利益貢献を計算してみる
忙しく働いているつもりでも、実際のところ会社にそれほど貢献していない場合が多い。

(広い視野にたって)数字で考えるトレーニング
「株式取引」
株式投資で運用に失敗すると損をする。この「損をする」という危機感があるからこそ、真剣に「未来」を予想し、経済の「現在の経済状況」を調べて、「過去」の失敗をくりかえさないよう、売買を行う。すると、自然と新聞やインターネットの経済欄に目が行くようになる。

コミュニケーション力

「コミュニケーション力」=「引き出しを増やし、どんな相手とも円滑な関係を築ける力」

コミュニケーション力をつけるために取り組むこと
1. 「好奇心」
2. 「レベルの高い人と出会う」
3. 「営業アフターアンケート」
4. 「相手との距離を縮めるテクニック」=「ベーシング」

人間力

「人間力」とは、「相手の心を動かす力」、「その人から自然に溢れ出る魅力」
人間力を身につけるための4つのこと
1. 「志をもつこと」
坂本龍馬の人気が高い理由
2. 「ポジティブでいること」
3. 「メンターに教えを請うこと」
4. 「一流の人生に学ぶこと」

WEBノートを作る

WEBノートを作ることのメリット
①場所や時間を問わないこと
②情報をすぐに引き出せること
③毎日続けられるシンプルな方法であること
WEBノートのつくり方
ブログやメルマガ、WEB上のニュースなどで気になった文章、フレーズ、情報をコピー&ペーストでワードにそのまま貼りつけていくのみ。

感想

#著者紹介#
大学在学中に起業し、そのかたわら放送作家をつとめる。その後、広告代理店のグループ企業の社長を任される。そののち、独立。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く