社会すら欺く至高の奇術トリック!歯と爪の感想

1269viewshitonαmihitonαmi

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯と爪【新版】 (創元推理文庫)
感想

恋人を殺された奇術師が、キャリアを捨て、
人生を賭して復讐を仕掛けるミステリ。

しかも暴力的な復讐ではなく、淡々と静かに、
しかし逃れようがないほど確実に犯人をおとしいれていきます。
その手口、鮮やかすぎて背筋が寒くなりますよ。

設定もトリックも知的に洗練されていて、非常にオシャレ。

奇術師らしい人を煙に巻く鮮やかなミスリードもたまりません。

新装版はどうなのかしりませんが、
ネタ晴らし部分は袋とじにされています。
いわゆる読者への挑戦ですね。

とはいえ露骨に犯人を提示するのではなく、
ストーリーの流れの中でさりげなく読者に気付かせます。
このストイックさがまた絶妙。

作者の自己顕示欲を一切感じることなく、
最後まで物語に没頭できるはずです(……まぁ、袋とじのおかげで多少冷めますが)。

トリックを解き明かしたい・騙されたい、
という欲求をもって推理小説を読むタイプの方には、
まず間違いなくハマると思います。

歯と爪【新版】 (創元推理文庫)

歯と爪【新版】 (創元推理文庫)

  • ビル・S・バリンジャー

本のまとめカテゴリー


コメントを書く