図解でわかりやすく解説「図解 ユダヤ人大富豪の教え」の書評・まとめ

5352viewsreading_boxreading_box

このエントリーをはてなブックマークに追加
図解 ユダヤ人大富豪の教え (だいわ文庫)

<目次>

プロローグ
最初の試練
第1の秘訣  社会の成り立ちを知る
第2の秘訣  自分を知り、大好きなことをやる
第3の秘訣  ものや人を見る目を養い、直観力を高める
第4の秘訣  思考と感情の力を知る
第5の秘訣  セールスの達人になる
第6の秘訣  スピーチの天才になる
第7の秘訣  人脈を使いこなす
第8の秘訣  お金の法則を学ぶ
第9の秘訣  自分のビジネスを持つ
第10の秘訣 アラジンの魔法のランプの使い方をマスターする
第11の秘訣 多くの人に気持ちよく助けてもらう
第12の秘訣 パートナーシップの力を知る
第13の秘訣 ミリオネア・メンタリティを身につける
第14の秘訣 勇気をもって決断し、情熱的に行動すること
第15の秘訣 失敗とうまくつき合う
第16の秘訣 夢を見ること
第17の秘訣 人生がもたらすすべてを受け取る
エピローグ

<本文より一部抜粋・要約>

・成功をうまく忘れることができた人間だけが、幸せに成功できる。

・サービスの量と質で報酬額は決まる。君が提供したサービスの量と質=君が受け取る報酬額。

・人生を信頼できる者にだけ、幸せは訪れる。

・君がいちばん先に知るべきことは、「どうすれば人は動くのか」である。

・お金の法則には、お金の「知性的な側面」と「感性的な側面」の2つがある。

・お金の知性とは、お金に関する知識。稼ぎ方、使い方、投資の仕方、資産の守り方など。

・お金の感性とは、いかに「健康的にお金とつき合うのか」ということ。

・お金持ちは、お金と何かを交換するとき、必ずその価値以上のものかどうかを見る。

・お金を賢く使うとは、人を喜ばせるように使うことである。

・失敗に強くならなければ、いい成績を上げることはできない。断られた数の分だけ、収入も増える。

・批判の本質は、次のステップへの追い風。

・大好きなことを見つける。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く