スタンフォード大学に学ぶ! 20歳のときに知っておきたい起業のこと

80636viewshisahisahisahisa

このエントリーをはてなブックマークに追加
20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義

まえがき

・学生に起業家精神とはどういうものかを教えるうえで、「五ドルの挑戦」。いま、手元に5ドルあります。2時間でできるだけ増やせと言われたら、みなさんはどうしますか?これは、スタンフォード大学で実際に学生に出した課題です。学生たちに起業家精神を発揮してもらおう――常識を疑い、チャンスを見つけ、限られた資源を活用し、創意工夫をしてもらおうというわけです。
大金を稼いだチームは、元手の5ドルにはまったく手をつけていません。お金に注目すると、問題を狭く捉えすぎてしまうことに気づいたのです。5ドルは、あってないようなもの。そこで、問題をもっと大きな観点で捉え直すことにしたのです。元手がないのにお金を稼ぐには、どうすればいいのか?学生たちは観察力を磨き、持てる力を駆使し、創造力を発揮し、身近な問題を発掘しました。自分や他人が経験したことのある問題、気づいてはいたけれど、そのときは解決しようとは思わなかった問題です。いつも身近にあるのに、とくに意識していなかったものでもあります。こうした問題を掘り起こして、解決しようとつとめた結果、多いチームでは、600ドル以上を稼ぎ出しました。

起業

・起業家とは、チャンスになりそうな問題をたえず探していて、限られた資源を有効に使う独創的な方法を見出し、問題を解決し、目標を達成する人を指します
・社会に出たら、有能な教師が道を示してくれるわけではないのだから、君たちはできの悪い教師の授業を取りなさい
・失敗こそシリコンバレーの強みの源泉
・失敗を財産だと見られるかどうかが、起業家が生まれる土壌の目安になる

起業のアイデア探し

・問題が大きければ大きいほど、チャンスも大きい。大して問題でないものを解決しても、誰もカネを払ってはくれない
・とんなに大きな問題も、解決するにはまず、問題を明確にしなくてはなりません。
・特徴がはっきりしたニーズこそ、発明の素
・アイデアに「悪い」ものなどない。そう考えられたらプレイン・ストーミングは成功です。実際にブレインストーミングをする際には、駄目なアイデアなどというものはないと、はっきり示すことが重要。
・ルールは破られるためにある。こうした考え方が集約されているのが、よく耳にするフレーズ「許可を求めるな、許しを請え」

自分の可能性

・わたしたちは、自分で自分の監獄を作っているのです。互いにルールを課し、決まった役割を押しつけています。限りない可能性に満ちているのに、そこに踏み出そうとはしません。

マネジメント

・リーダーになろうと思ったら、リーダーとしての役割を引き受けることです。ただ自分に許可を与えればいいのです。組織のなかに穴がないか探す。
・成功とともに失敗も評価し、何も行動しないことを罰する方法を検討する

成功確率を上げるには

・他人から学ぶことで、失敗の確率を大幅に下げられる
・目標を絞り、ひたむきに努力すれば、幸運が舞い込む確率は上げられます。訪れた機会を歓迎する、チャンスが舞いこんだら最大限に活かす、身の回りの出来事に目を凝らす、できるだけ多くの人たちとつきあう、そして、そのつきあいをできるだけいい方向で活かす。
・世の中はとても狭いものです。おなじ人と何度も出会うものなのです。
・人助けの習慣を身につける
・快適な場所から離れ、失敗することをいとわず、不可能なことなどないと呑んでかかり、輝くためにあらゆるチャンスを活かすようにすれば、限りない可能性が広がる
・外に出て、多くの物事に挑戦する人の方が、電話がかかってくるのをじっと待っている人よりも成功する確率は高い

感想

自分がすべきことを教えてくれる。読むと何かしなくちゃとやる気が出てきます!モチベーションアップにすごくいい!20歳の人はもちろん、それ以上の年の人にもこれからの人生を過ごす上でおすすめ!

また、起業家やシリコンバレーのことも描かれている。こういった環境があるからシリコンバレーのベンチャーは強いのだなぁと実感。また、20歳からこの本の内容を実践できていたら今頃末恐ろしい存在になれたのにと思いました!おすすめしたい良書!

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く