「会社帰りに一杯」の習慣は大正解だった!脳の「心」の領域に影響を与えるオキシトシン

9562viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
「会社帰りに一杯」の習慣は大正解だった ~癒しの脳内物質・オキシトシンが心を満たす~ (マイナビ新書)

脳の「心」の領域に影響を与えるオキシトシン

■オキシトシン
 ・脳の視床下部にある室傍核と呼ばれる場所で作られる
 ・ホルモンとして血中に放出される
 ・脳内の神経伝達物質としての役割もある

■オキシトシンのさまざまな効能
 ・癒し
 ・ストレス緩和
 ・人との絆を強くする
 ・男女間の愛情を深める
 ・心を「ほんわか」の状態にもする
 ・不安や恐怖を軽減

■オキシトシンを分泌するには
 ・大事な要素は「相互の交流」「ファイストウフェイスのコミュニケーション」
 ・スキンシップ(誰かと触れ合う)をする
 ・マッサージ(お互いに肌に触れ合う)をする
 ・会話する(「つながり」を感じる)

■「会社帰りに一杯」もオキシトシンが分泌される
 ・会社帰りにお酒の飲むことが大事なのではない
 ・近い距離で同僚たちと一緒にコミュニケーションをとるのが大事
 ・一緒に飲むことでお互いにオキシトシンが分泌される
 ・お酒はなくてもカフェでお茶でも飲んで話すのも大切

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く