Think Simple! アップルが徹底したシンプルの秘密とは

1523viewschibanbachibanba

このエントリーをはてなブックマークに追加
Think Simple―アップルを生みだす熱狂的哲学

【感動した言葉・考え方・テクニック】

シンプルさは見た目もふるまいも、聞いた感じもまったく自然だ

シンプルさはたんなる目標ではなく、スキルだということを理解して欲しい

考えることは大きく、それ以外は小さく

Macのチームはけっして100人を超えない

イノベーションとは1000の物事にノーということだ

足し算では売れなかった。売れた理由はアップルがデザインの段階で
行う引き算だっった。

製品ラインナップだけではなく、プロセスもミニマルにする必要がある

偉大なことを成し遂げるには、2つのことが必要だ。
計画と、十分ではない時間だ。

スティーブは四半期ごとに1つのことに集中するように強く主張した

スティーブは代理店に対して正式なプレゼンを求めたことはない。
ただ彼が求めたのは、最良のアイデアだった。

アップル最大の洞察力は音楽をiPodではなく、iTunesで管理しようと
決断したことだ。他社は何もかもデバイス上でしようとして、
デバイスを複雑にしすぎたせいで、役に立たないものにしてしまった。

意味のある変化とは既存のものに10羽位の改良を加えることだ。

アップルが何よりも優先するものがあるとすれば、それは顧客体験だ。

イノベーションをするときに、ミスをすることがある。
最良の手は、すぐにミスを認めて、イノベーションの他の面を
どんどん進めることだ。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く