「物忘れ外来」の院長が患者さんに答えた1問1答! 「もの忘れ外来」100問100答の書評・感想

3638views鷹森雀ノ介鷹森雀ノ介

このエントリーをはてなブックマークに追加
「もの忘れ外来」100問100答  認知症が気になるあなたとご家族のために

「物忘れ外来」の院長が患者さんに答えた1問1答。一問一答形式だから分かりやすいし、同じ疑問からの不安や症状を探しやすい。家族や自分に不安な症状があった場合など読むといいと思われます。

第1章 最近、ど忘れ、物忘れがとみに多くなっているのですが、大丈夫でしょうか

・人の名前が出てこないけど大丈夫!? 
・前に買った本をまた買ってしまった……。 
・二階に上がってから、自分がなんのために二階にあがったのか忘れた。
など、誰にでも心当たりのあるであろう、物忘れ問題から、
・主人が同じことを言ったり聞いたりするようになった。
・優しかった夫が突然切れるようになった。
・性格が変わった。
・一度検査に病院に行こうといったら、人をボケ扱いするなと切れる……
などなど、病気が疑われる物忘れと、そうでない物忘れの違いなどを分かりやすく説明してくれます。

第2章「もの忘れ外来」最前線の診療情報

・物忘れ外来に連れて行きたいけど、本人が嫌がっているのでどうすればいいのか。
・認知症とアルツハイマー型認知症の違いとはなにか。
など、認知症の診断方法や詳しい病気の説明など。

第3章 家族が認知症になったときの対処のコツ

・家族が突然認知症と診断されたら、どうすればいいのか。
・認知症で残存しやすい能力とはなにか?
・高齢の父がよく自動車事故を起こすようになったのでやめさせたいが、本人がやめたがらない、どうすればいいのか。
など、もし家族が認知症と診断されたとき、残された家族はどうやって患者と向き合ったらいいのか、などを説明。

第4章 もの忘れの予防

・物忘れは予防できるか。
・マスコミで言われているボケ予防は効果的なのか。
・認知症予防には肉より魚がいいのか。→イエス。
・歯が悪いと認知症になるとは本当か→噛まないと記憶力現象は実験で実証済み。
など、予防に関することの一問一答の章です。

感想

これは認知症のはじまりか、それともただのど忘れか、といった質問にやさしく回答してくれる本です。
一問一答なので、とても分かりやすく、しかも明確です。
話の本題を忘れてしまう、とか2階に上がったら2階での用事を忘れてしまった……、など、多くの人が経験したことがあるようなことも、この一問一答ですっきり。
危険ではない物忘れと、これはちょっと危険かもしれない物忘れの事例なども詳しいです。

アルコールは適量であれば、認知症の予防効果がある、と書かれていて、そこのところはほっとしました。

野菜や果実を食べることは、認知症の予防にもなるようで、やはり野菜は大切なんだな~……と思った次第です。

若年性アルツハイマーなどの病気もあるので、若いからと言って安心はできないことも、分かりました。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く