自然夜景遺産、施設型夜景遺産、ライトアップ夜景遺産を紹介!

2624views鷹森雀ノ介鷹森雀ノ介

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本夜景遺産

観光資源としての夜景の価値を世に問い、世界に誇る日本の美夜景を選定した写真集。夜景立国JAPANを目指す。夜景写真は、自然夜景遺産、施設型夜景遺産、ライトアップ夜景遺産、歴史文化夜景遺産の4分類。

自然夜景遺産

山頂や高台など、自然の中で観賞する夜景。
函館山、藻岩山、西蔵王公園、笛吹川フルーツ公園、お台場海浜公園、など。

施設型夜景遺産

展望台、タワーなどの高層施設が提供する夜景。
東京タワー展望台、JRタワー展望室、セリオン、テレコムセンター展望台、福岡タワー展望台、海峡ゆめタワーなど
やはり賑わっている関東近辺が多い印象です。

ライトアップ夜景遺産

土地のシンボル、ランドマークとしての夜景。
白鳥大橋、小樽運河、レインボーブリッジ、国会議事堂、横浜マリンタワー、横浜三大ライトアップ~神奈川県本庁舎(キング)、横浜税関(クイーン)、横浜市開港記念会館(ジャック)

歴史文化夜景遺産

これに関しては、写真がありませんでした。

日本夜景遺産データ集

・日本夜景遺産としての評価ポイント
・対象となる夜景資源の現状。対策とどう捉え、観光対象として利用しているか等の現状
・今後、どのように発展させていくべきと考えているか、地元がどのように発展させたいか、夜景資源としての可能性についての見解
・夜景資源の魅力を説明

感想

最近工場夜景サミットなどが盛んに開かれていることもあり、夜景写真集を調べてみたところ、写真集が色々と出版されていて驚かされました。

特にこれは日本の夜景に焦点をしぼり、観光資源としての夜景を広く広めようと言う作者の意図が伝わってきて、とてもよかったです。
夜景というと、山の上に行ったり展望台に行って見たりと、見るのもちょっと大変、と思いがち。ですが、意外にもちょっと車を走らせただけで見れるような夜景もあるので、そこも夜景への考え方がかわりました。

自然夜景遺産に関しては、海と町の夜景、山と町の夜景など自然の中というよりも自然と夜景のコラボが楽しめる夜景だと思いました。
ライトアップ夜景遺産の、横浜三大ライトアップ:神奈川県本庁舎(キング)、横浜税関(クイーン)、横浜市開港記念会館(ジャック)にはちょっと笑いました。

思った以上にまじめな本です。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く