心身医学でわかる身体が伝えるメッセージとは

3366viewsmegumegu

このエントリーをはてなブックマークに追加
自分を愛して!―病気と不調があなたに伝える〈からだ〉からのメッセージ

心身医学

心と体の両面から病気に取り組む医学
病気や不調が現れるのは私たちが自分のためにならない考え方をしていることを 体が私たちに教えようとしている。肉体、感情、精神面で限界に来ている事を告げようとしている

足の痛み

新しい未来に立ち向かうのを恐れている
目標に向かって行動するのを恐れている

アレルギー

誰かに対して強い嫌悪感を持っていて必要以上に自分を防衛しようとしている

胃のトラブル

ある人、ある出来事を受け入れられない
自分の意に沿わないことに直面している
新しい考え方、新しい人に抵抗している
自分を上手く適応させられない

胃潰瘍

他人から攻撃されていると思っており、それに対して自身を守れないと思っている

いびき

昼の間言いたいことを聞いてもらえなかった
音を立てられなかった
自分自身を拒絶している

いぼ

どんないぼでも体には不要の異常増殖物
長い間悲しみを反芻している
過去の後悔の中に生きている

インフルエンザ

自分の欲求や要求を口に出せない人
ある状況から逃げ出したい

かかとの痛み

しっかりと前進したいが
他人から支持されていないと感じためらっている

風邪

心労が限界に達した時に発症
寒い、うつるは思い込み
ある状況やある人物を非難することは
何の解決にもならない
影響されやすい

肩の痛み

他の人たちのためにあまりにも多くのことをしすぎようとしている
そのため自分の望む方向に進むことができない
必要ない多くの義務を自分に課している
結果がどうなるか気にせず愛するものを抱きしめればいい

かゆみ

何かが欲しくてたまらないのにそう感じる自分を許せない
誰かのせいで何かが出来ない

吃音(どもり)

子どもの頃こうしたいと発言できなかった

ぎっくり腰

物質的なあらゆる責任を自分が引き受けられると思えないために
怒りと罪悪感を同時に感じている
頑なな態度を改めすべてをコントロールしようとせずこだわりを手放すこと

首の痛み

ある状況に直面できずにいる

頭痛

自分に対する要求が高すぎる
自分自身であるためにすべてを理解する必要はないと知ること

できもの

イライラしやすい
物事を自分の思い通りにコントロールしようとするのを止めること
腹を立てるのではなく柔軟に対応すべき

にきび

人を遠ざけようとしている
自分を尊重できていない

捻挫

自分が行きたいのとは別な方向に行かされている
やりたいこととは別のことをやらされている
断れない自分を責めている。規則に違反することを恐れている

歯のトラブル

状況を的確に判断できないために何かを決意できずにいる
自分ではなく他の人が変わるべきだと思っている
人に主張できず心で非難している

冷え性

熱くなるのを恐れている。出来事を大げさに考えるのを止める

ヘルニア

逃げたいけどそこから脱出できないと思い込んでいる

偏頭痛

自分が望むあり方を許していない人に起こる

便秘

古い考えを手放せない。嫌われるのが怖く、間違うのが怖い

膀胱炎

フラストレーションを抱え込み周りが気付いてくれないので怒りを感じる

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く