自分らしく働き続けるために大切な自己責任時代の勉強法58からポイント紹介!

1469viewsmegumegu

このエントリーをはてなブックマークに追加
できる女の勉強法

不景気な時代にも結婚、出産の人生イベントにも左右されず自分らしく働き続けるために大切なこと、自己責任時代の勉強法58からポイント紹介!

勉強してますか?

子どもを生むなど途中で働けない状況があっても、

また戻ってきて欲しい、ここで働いて欲しいといわれる自信があるか。

必要な知識や技術をきちんと勉強して自分のものにしておくこと。

自分の能力を磨くこと。

そのために何を身に付けたらいいのか?を常に必死で考え、勉強する。

無理なくちゃんと勉強するとは?

・自分の価値を高めるためにする

・とりあえず勉強からはもう卒業する。どうなりたいか、生かせるものに絞る。

・資格は仕事に結びつくかで見極める。

・何を取れば良いかわからない人は
 今までの仕事を書き出し「もしこのとき持っていたら有益だったはず」
 というのを探す。

・資格は合わせ技で大きな武器になる。1+1=3にも10にもなる。

・合コンでも経済を学ぶ。

・給料の1割を未来へ投資として勉強に回す。

女ならではの強みを生かすには

・残業、休日出勤、接待など時間的制約が少ない。

・男性よりもコミュニケーション能力が優れている。

・組織や年齢にこだわらずに誰にでも「教えてください」といいやすい。

・つまらないプライドに縛られず小さなことでも素直にチャレンジできる。

以上のしなやかさを生かして強みを増やしていく。

勉強のモチベーション維持

・憧れの人がやっていたなどミーハーでもいい。憧れをきっかけにする。

・自分の業務をリストアップし、やりがいを感じるものに関連する資格を取る。

・怒られたり、失敗したら愚痴るのではなく、内容をノートに書き
 次は間違えない宿題リストを作る。
 相手が間違っている、自分が正しいと思っている限り叱られた事はストレスでしかない。

・不安と不満を書き出して何を学べば解消できるかを考える。

・勉強すればいくら収入が上がり、いくらトクかを考える。

・人材バンクに登録して自分に足りないスキルを客観的に見る。

・3回やってダメならやめると決めて試験を受ける。一発合格を狙う人の方が合格率が高い。

勉強が続かない理由を見える化する

決心したのに三日坊主で終わってしまったら

学生時代から続かなかった事と理由を書き出し、

その原因を「時間」「能力不足」「お金」「環境」に振り分けてみる

要因を分析、認識することで失敗する原因を先に潰しておく。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く