頭の働きが「最高によくなる」習慣とやめるべき6つの習慣

8040viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
頭の働きが「最高によくなる」本: 仕事も勉強も、面白いほどはかどる! (知的生きかた文庫)

やめるべき6つの習慣

■「ネガティブな気持ちは」頭の働きを阻害する
 ・「ネガティブな気持ち」は頭の働きに決してよくない
 ・脳は「いいこと」よりも「悪いこと」に強く反応する

■やめるべき6つの習慣
 1.ものごとに「白黒つける」(すぐに○か×で判断しない)
 2.小さなものを「大げさに考える」(「時と場合でやり方を変えてみる」)
 3.ものごとに「レッテル」を貼る(「一事が万事」ではないこともある)
 4.何ごとも「こうするべき」と思いがち(自分に「無用なプレッシャー」を与えない)
 5.周囲の「空気を読む」(「考えても意味がない」ことは考えない)
 6.何でも「自分で抱え込む」(「自分の責任」という口癖をやめる)

冴える頭になるために取り入れたい習慣

・朝起きたら、「今日の予定」を見直す
・「テキパキ動く」と脳が冴える
・嫌なことほど、「なるべき早く取りかかる」
・1日に、「3つの課題」が脳に効く
・「人に説明するつもり」で記憶する
・歩く習慣が「頭の働き」をさらによくする

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く