「花言葉」より美輪明宏の名言紹介

4283viewsreading_boxreading_box

このエントリーをはてなブックマークに追加
花言葉

概要

好奇心・向上心を失わず、学ぶことを諦めなければ、人生は楽しい。

目次

1、自分を輝かせるための言葉
2、つらい時のための言葉
3、自分を磨くための言葉
4、美しく生きるための言葉
5、人と上手につきあうための言葉

本文より一部名言抜粋

「運が良くなりたければ、微笑んで入れば良い。人に優しくすれば良い。思いやりと優しさが、運を開くのです」

「蓮の花の値打ちは、泥の中で育っても、汚れず染まらず、美しい花を咲かせ、保ち続けること。悩みや苦しみは、自分を鍛えるチャンスです」

「完全な男を求めるのは、身の程知らず。自分に欠点があるように相手にも欠点がある。傷もの同時だと思えば楽なもんです。当たって砕けましょう」

「いい本を読んで、質のいい音楽を聴いて、スポーツをして、そして美術館に行ったり博物館に行って、いい文化をふだんから仕入れていると、その人となりがそのまま出てくるのです。」

「黒があるから、白さが分かる。悲しみや苦労を体験した人ほど、幸せのありがたみが分かるのです。」

「不安になったり、憂鬱な気分になっている時は、未来の取り越し苦労、暗い過去、怒り、恨み、必ず何かにこだわり続けている時です。そういう時は忘れ上手になること。考えないよう努力すること。心の中からきっぱり追い出してしまうことです。」

「幸せになれる呪文を、ひとつだけ教えてあげましょう。『ありがとうございます』…この言葉を口にすると、言ったあなただけでなく、言われた人も、そこに居合わせた人みんなの心が、やさしくふんわり和みます。」

「家族と一緒に暮らせることに感謝。健康であることにも感謝。衣食住があることにも感謝。それができる自分にも感謝。何でもいいから感謝することを見つけましょう。どれだけ幸福かわかります。」

「『孤独』とは物事を深く考える、聡明になるチャンスです。友達が多いことが、必ずしも幸せとは言えないのです。」

「言葉が足りないのは、本を読まないから。美しい言葉に触れ、素敵な表現を自分の中にストックしましょう。意志の疎通は、まず『言葉ありき』です。言葉の豊富な人は天下無敵です。」

「人間関係の基本は、腹六分。どんなに愛していても相手の負担にならないように心がける。それが長続きの秘訣です。」

「嫌な思いをすると、やり返したくなるもの。でも、難しいけれども、優しさでやり過ごせば、自分が気持ちいいのです。自分の方が大人物に思えますから。」

「無事に長く付き合いたいなら、お互いの人格を尊重して、干渉せず、馴れ合わないこと。」

「容姿・容貌・年齢・性別・国籍・肩書き、それらをすべて消した、そのうえで相手をひとつの魂として見つめる訓練をしましょう。本性が判ります。」

感想

 必ずしも本の最初から読む必要はなく、気になる箇所から読み始めてもいい本のつくりです。どこから読んでもためになる一冊でした。

花言葉

花言葉

  • 美輪明宏

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く