産婦人科専門医が教える本当に気持ちのいいセックスをするための知識

5318viewshikaruhikaru

このエントリーをはてなブックマークに追加
コミック版 女医が教える本当に気持ちのいいセックス

産婦人科専門医であり、同時に性科学の研究家でもある著者の視点から、セックスに関する知識を楽しく勉強できる本。

本当に気持ちのいいセックスをするための知識

■オーガズムについて
・女性は60%がオーガズム未経験
・オーガズムへの高まり方が違うため男女が一緒にイクことはない
・男性のオーガズムは気持ち良くなったら絶頂まで一直線
・女性のオーガズムは続けて何度もオーガズムを味わう人、
 深いものを一度だけ味わう人と個人差がある

■セックスについて
・挿入のタイミングは彼女に決めてもらう
・高速ピストンは厳禁
・潮吹きは期待しない(女性を傷つけてしまうことがある)
・男性器は大きければいいというものではない(好みや体位がある)
・男性が女性に愛撫をしてもらうにはできるだけ言葉にする
・女性の胸やお尻を執拗に愛撫しても、神経が少ないため感じにくい
・体位を変えれば長い時間楽しめる
・オーガズムに達しやすい体位は男女で違う

■避妊と性病について
・カウパー液にも精子が混じっているため、生で挿入してしまった時点で、妊娠の可能性あり
・100%の避妊をするなら女性は避妊薬の服用、男性はコンドームの着用が必須
・コンドームなしのセックスは性病感染のリスクもともなう

おわりに

中身はいたって真面目な性教育本で、愛撫の仕方から、おすすめの体位、性病についてまでを解説している。

オーガズムを経験したことのない女性、初めて彼女ができたセックス初心者の男の子、セックスに対して意見が食い違うダンサー夫婦、セックスレスの漫画家夫婦、性病をピンポンのように感染し合っているカップルなど…、セックスのありがちな悩みを女医に相談&解決していく内容になっている。
ギャグを交えながら面白おかしく解説しているので、いやらしさは全くなく、その手の本はちょっと……という恥ずかしがり屋さんにもオススメ。
(「マンガで分かる心療内科/著:ゆうきゆう」のような感じ)

■本書の目次
第一章「イクって何?」
第二章「死ぬまでに一度はしてほしいフェラチオ?」
第三章「激しいピストンなんていらない!」
第四章「本当に気持ちのいい体位ってどれ?」
第五章「愛があってもマナーは大事! 今さら人に聞けない、性病&避妊について」

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く