総合旅行業務取扱管理者資格試験から学ぶ「旅行雑学」

2774viewsdeshimardeshimar

このエントリーをはてなブックマークに追加
総合旅行業務取扱管理者ポイントレッスン (Shinsei license manual)

旅行業務取扱管理者とは

旅行をするとき私たちは、約款という細かい契約を結んでいます。

この旅行契約には、煩雑なもの、国によって異なるものがあります。

そうした契約を理解し、旅行をコーディネイトする人、それが旅行業務取扱管理者です。

試験内容はかなり大雑把に言うと「旅行雑学」のようなものです。

おもしろいキーワードをいくつか紹介します。

JR運賃

毎日お世話になっているJRの、運賃の決め方について。

まず距離に比例する運賃(乗車券)があって、その上に特急料金、グリーン料金が乗ります。

運賃はJR各社によって異なり、JR四国とJR九州は他と比べて同じ距離でも割高になっています。

JR学生団体割引

学生が使える2割引の「学割」は有名ですが、修学旅行生が使う「学生団体割引」はなんと5割引なんです。

社会貢献のために5割も割引しているらしいです。

日本の名勝

日本三景

宮城県の松島
京都府の天橋立
広島県の宮島

日本三大河

利根川 通称「坂東太郎」
筑後川 通称「筑紫次郎」
吉野川 通称「四国三郎」

行ってみたいです。

ビザ

ビザは正式には査証と呼ばれます。

・パスポートが正式なものだと認める。
・その人物の入国を認めても問題ないと他国に推薦する。
の2つの目的でビザが使用されます。

日本との相互ビザ免除協定を結んでいたり、観光促進のための特別措置をとっていたりする国もあって、
その国に渡航する際はビザは必要ありません。

メジャーな海外旅行スポットはだいたいビザは免除されています。

ただエジプトなど、メジャーな国でもビザが必要なこともあるので、気をつけてください。

感想

ベタですが、個人的にはアメリカに行って

・カリフォルニアのヨセミテ国立公園
・アリゾナのグランドキャニオン
・ナイアガラの滝

を見てみたいです。

こんな人におすすめ

旅行代理店においてあるツアーではなく、「自分で旅行予定を組み立てたい!」という人が知っておくと便利な知識が詰まっています。

資格試験の参考書ですが、資格をとらない人にもおすすめです。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く