今度こそ英語をマスターしないあなたへ! 英語を続ける技術

12416viewshal_haru_halhal_haru_hal

このエントリーをはてなブックマークに追加
英語を続ける技術

英語の3大ストレス

①続かない
②上達しない
③英語が苦手

この3大ストレスを取り除くと、挫折する可能性が大きく減る。

挫折するケース

A今度こそ英語を頑張ろう
B1日5分、英語を勉強しよう

脳科学的には、頑張ってしまうとうまくいきづらい。
よってABどちらのケースも挫折の可能性が高い。

英語を勉強だと思わない

英語を勉強だと認識すると、
英語をやる時間(オン)とやらない時間(オフ)が生じる。
これではうまくいかない。

英語の上級者や達人は、英語を生活の一部にしている。

できると認めるハードルを下げる

日本人は求めるレベルが高すぎる。
続かなくても自分をせめない。
英語を続けることは簡単でないと自分に言い聞かせ、
続いたら自分をとことん褒める。

発音が悪いのは日本人だけではない。
発音よりも大事なことは、自信を持って大きな声で話すこと。

中学の文法や単語だけで十分すぎる。
関係代名詞は必要ない。

形ではなく興味から入る

文法書や単語帳の好きな部分をやる。
1冊すべてをこなせなくてもよい。
野球のニュースなど、興味のある部分を英語で読む。

ネイティブ活用法

英会話をすれば上達するとは単なる幻想に過ぎない。
単語力、発音スキル、文法力、瞬発力、表現力の個別スキル1つ1つを集中的に高める。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く