最新科学研究をもとにわかったトレーニング法!トレーニングの前に知っておくべき知識

38418viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
良いトレーニング、無駄なトレーニング 科学が教える新常識

トレーニングの前に知っておくべき知識

■トレーニングの効果はどれくらい続けると効果があるのか?
 ・筋肉の見た目の変化が出るには、少なくとも3ヶ月ハードなトレーニングが必要
 ・持久力の大きな向上のためには、少なくとも6週間はトレーニングが必要
 ・健康状態と運動能力については、細胞レベルではたったの数日でも向上はじめる

■健康のためにどの程度運動をするべきか?
 ・週に5回、30分の運動(10分間程度でも)あらゆる死因リスクを減らせる
 ・運動量が増えれば、効果はさらに高まる

■有酸素運動(エアロ)と筋トレ(ウエイト)のどちらを先にやるべき?
 ・自分にとって重要なほうを先に行なう
 ・両方とも同じくらい重要ならば、その日に鍛えたいほうから行なう

■運動をすると心臓発作がおきやすくなる?
 ・有酸素運動中の心臓が原因の死亡事故は平均100万時間に2回
 ・そのうち94%は運動は関係ない理由で心臓の異常を起こしている
 ・運動をしないほうが、心臓を原因とする死のリスクが高まる

■運動は免疫システムにどう影響するのか?
 ・運動によって免疫機能が向上する研究結果は多い
 ・過剰な運動によって逆に免疫機能が低下することもある

■運動の効果はどれくらいで薄れはじめるのか?
 ・フィットネス(運動による良い健康状態)はトレーングしなくても約二週間維持できる
 ・それ以上経過すると、大きく低下してしまう
 ・激しい運動をわずかでもおこなえば、より長くフィットネスを維持できる

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く