「あたらしい自分」に生まれ変われる為の3つの方法

4107views本の種本の種

このエントリーをはてなブックマークに追加
SELF CLEANING BOOK―あたらしい自分になる本

概要

「あたらしい自分」に生まれ変われる為のヒントが詰まった一冊。
著者が試した様々なアプローチ方法を紹介。

1. 体から新しくなる方法

◆冷えとり健康法
・半身浴
・靴下の重ね履き
・湯たんぽ
・頭寒足熱

◆アーユルヴェーダ
・白湯を飲む
・パンチャカルマ(マッサージ)
・セルフオイルマッサージ
・瞑想

・ヴァータ(風)、カパ(火)、ピッタ(水)の3つをドーシャという。
 生まれたとき、誰もが、この3つの独自のバランスをもっている。
 このバランスにより人間の体質や性格が決まる。
・生活の中でドーシャのバランスが乱れていく(ヴィクリティ)
 本来生まれもった(プラクリティ)のドーシャバランスに近づけるほど健康になる。
・病気じゃない=健康という考え方ではなく、アーユルヴェーダでは更に高いレベルの健康を目指す。

◆白湯を飲む
・消化力が上がる。
・内蔵を掃除する。
・体を温める。
・解毒作用。
・ドーシャバランスが完璧な飲み物である。
・一日にコップ5,6杯(700~800ml)までが適量(飲み過ぎると体の中の良い成分まで流れてしまう為)
・すすりながら飲むとよい

◆食べものと食べかた
・食物の「生命エネルギー」を感じながら食べる。
・体質に会ったものを食べる。
・食べ過ぎない。
・よく噛んで食べる。

2. 身の回りの物から新しくなる方法

◆部屋の大浄化作戦
・誰もが場の影響を受けている。
・「空き容量」が少ないと、新しいものや自分にとって本当に必要なものが入ってこない。
・いらないものを捨ててエネルギーの流れを良くする。
▽ガラクタとは
 ・使わないもの、好きではないもの
 ・整理されていない、乱雑なもの
 ・狭いスペースに無理に押し込まれたもの
 ・未完成のものすべて

◆布ナプキン
▽布ナプキンのメリット
 ・紙ナプキンをいくつも持ち歩かなくてよい
 ・トイレの汚物入れが消える
 ・におわなくなった
 ・エコである
 ・肌に優しい
 ・生理が、4日くらいでスパッと終わるようになった
 ・PMSが(月経前症候群)が消えた

3. 心、魂から新しくなる方法

◆アファメーション
・自分の願いが既に叶ったように振る舞う
・現在形か現在進行形で書く
・ものすごく具体的にイメージする
「ひとは、願望するから叶うのではなく
叶うから願望するのである」

◆瞑想
・大きな自然と繋がっている事を体感できるようになる。
・精神的にタフになる。

◆ホ・オポノポノ
・どんな問題も100%自分の責任である。
・「ありがとう」「ごめんなさい」「許してください」「愛しています」の4つの言葉を心の中で言う。
・どんな状況も自分の潜在意識の中の「記憶」の再生であるから、それを「クリーニング」する必要がある。
・誰かや何かを変えようと思うなら、本気で自分が変わるしかない。
・脈々と続く思考を停止する事ができる。
・場所や物にも話しかけて「クリーニング」。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く