美人になる食べ方を紹介!

1904viewsmegumegu

このエントリーをはてなブックマークに追加
美人になる食べ方

○○がダイエットに効くに飛びつかない

それよりも自分に何が足りないかを知ることが大切。

野菜の栄養素が減っている

1950年のデータと2005年のデータを比べると

人参に含まれるビタミンAは63%も減っている。

ほうれん草に含まれる鉄分は85%も減っている。

肥料や農薬、大量生産で土壌が痩せたことが原因。

鮮度が落ちても栄養は減っていく。

調理過程でほうれん草に火を通すとビタミンCは5分茹でて半減する。

安いジュースにはわけがある

100%濃縮還元=果汁パウダーを水で溶いたジュース

栄養はとれない。

本当に絞った栄養のあるものを作ろうとすると

小さなビンなのに300円、400円してしまう。

野菜ジュースでビタミンを補うのも難しい。

サプリメントという選択肢

現代社会は食物から栄養が減ってしまったのでその分多く食べるか

足りない栄養をサプリメントで補う。

サプリメント後進国日本

内容量少ない。

美容や病気予防で必要な量は今日本で言われている量の50倍が国際基準。

日本の市販のサプリメントは「そんな微量をとったところでどうするの」と笑われてしまう気休めの量

中には必要量が微量なので99%が添加物ということも。

美容皮膚科のドクターの処方のものならきちんと含有量がある。

栄養素はチームで効く

「鉄分は貧血に効く」?

鉄が足りないから起こるのではなく

鉄が不足することで、全身が酸欠状態になるからめまいや、疲れといった症状が起こる。

鉄分と同時にビタミンB12や葉酸もとること。

ビタミン類は代謝する時に、一番少ない量のものに足並みをそろえるので注意。

自分に足りないものを見極めるには

ここ2~3日何を食べたかを考える。

朝からパンばかりというのであれば、ビタミン、ミネラルともにかなり不足している。

ここ3日ほど魚を一切食べてないという人は不飽和脂肪酸の欠如が心配。

食生活そのものを見直し、外食で小鉢を増やすなど工夫を。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く