杉田かおるの毒出しダイエット5つの掟と食べテク10

2459viewsmegumegu

このエントリーをはてなブックマークに追加
杉田かおるの毒出しダイエット ~40代から身も心もキレイになる~

毒素は毒素が脂肪と分解する酵素にくっつくと、脂肪の燃焼を妨げる溜まった毒素が細胞を傷つけ免疫力を低下させる。
血液がドロドロになり頭痛、肩こり、冷え性の原因になる疲労物質が分解されにくくなる。

5つの掟

1 集中力はせいぜい続いて三ヶ月。ダイエットは短期決戦!

2 食事が変われば体が変わる!自分再生お食事ノートを書く。

3 目を背けたい朝も夜も、体重計には絶対に乗る。

4 とことん毒素を出し切り、クリーンな体と心を手に入れる。

5 痩せるのに年齢制限なし!自分の可能性を信じる。

食べテク1

朝5 昼3 夜2の割合で食べる。

割合だけでなくバランスよく食べないと実践しても効果は出にくい。

3ヶ月後の自分を喜ばせてあげるようにする。

食べテク3

夕食は控えめ、腹7分目、夜8時までに食べ終える。

体には寝ている間は消化ではなく

体のメンテナンスにエネルギーを使って欲しい。

夕食には消化に時間のかかるものではなく

野菜や海草、豆腐等植物性のたんぱく質をいただくのが理想。

食べテク4

毒だしという観点からもお酒は飲まないに越したことはない。

糖質摂取も抑えられる。ちょっとで止める自信がなかったので禁酒。

食べテク5

酵素たっぷりの野菜は優れたデトックス食材。

美味しい野菜は何もしなくても美味しい。

嫌いなものを我慢して食べるダイエットなんて、絶対長続きしない。

旬の食材は味が濃くて、甘くて、そのままで美味しいので調理の手間もかからない。

食べテク6

皮膚の弾力やハリを失わないためにたんぱく質はカットしない。

脂肪は蓄えられるけど、たんぱく質は蓄えられないので随時補給する。

豆腐、納豆などの豆製品

肉と魚を同じ日に食べない

良質のオイルを含む魚をなるべく生で食べる

肉は赤身、倍の量の野菜と食べる

慣れてきたら豆やナッツなどをメインにして

肉、魚、卵の動物性たんぱく質は週2~3日程度に。

食べテク7

不足しがちなビタミン、ミネラルは海草を食べて解消。

ビタミンもミネラルも体で作り出せない。

様々な栄養素が助け合って体は正常に機能する。

何かと取りづらいので意識して取る。

一番手軽なのはご飯を炊く時にひじきをぱらぱらと入れるだけのひじきご飯。

お味噌汁に乾燥わかめやあおさがおすすめ。

食べテク8

便秘対策はナンバーワンの毒出し。

野菜はやっぱり大切!

食べテク9

間食にナッツやドライフルーツを食べることで

血糖値の上下振り幅を小さくする。

空腹時(血糖値が下がっている状態)に食べ物を食べると

すい臓からインシュリンが分泌され

ブドウ糖を分解し、細胞に振り分けようとする。

ところが引き受ける細胞の数には限界があり、

余ったブドウ糖は一時保管所として脂肪に蓄えられる。

その後脂肪を分解する出来事が起きなければそのまま脂肪細胞は肥大していく。

食べテク10

カフェインレス生活で毒出し。

特にコーヒーは酸性の飲み物に分類され、体は内臓を酸から守ろうとして

脂肪細胞を作り出そうとする。

どうしても止められなければ、量を減らして、タンポポコーヒーや穀物コーヒーなど

代用品を上手く使う。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く