有吉弘行流!嫌われない毒舌をする方法

5059views経済本とかマンガとか経済本とかマンガとか

このエントリーをはてなブックマークに追加
嫌われない毒舌のすすめ (ベスト新書)

マイナス評価をプラスに変える「人たらし」の方法

・あだ名のコツは「外見➕内面」で、外見で貶して内面で褒める。
→例) やりてハゲ、センスいいブス

・人を怒らせた時は、意固地になると事態がこじれるので、表面的にでも謝ること

・無礼講で皆が不平不満を言っている時は、逆に褒めて存在感をアピール

・ほどほどに怒ってる人に「すみません、怒ってますよね?」と聞くと、割と収まる。(激怒している人には逆効果)

・嫌われている人には、その人に周囲に自分を売り込み、周囲の人経由でいい印象を与えると説得されやすい

確実に相手を「たらし込む」人付き合いの方法

・共通の敵を作ると一致団結できる

・知らない話題に対しては「いかにも知ってるけど言わない」スタンスを取ると体裁を守れる。
「そんな話題、もうどうでもいいだろ」的に言い放つことで、相手が知ったかぶりたいような印象を与えることができ、優位に立てる

・「ツッコミ体質」か「ツッコまれ体質」かを見極める。※見た目での判断はNG

無駄なプライドを捨てて「クズ」として生きる方法

・本当の自分なんてものはないと思えると、媚びへつらうのも苦でなくなる。

・そうすると、ウソも平気でつける→「尊敬してます」といったウソも突き通せれば本当になる。

単純なヤツを使って自分の「株」を上げる方法

・自分のイイ話は「言うなよ」と念押しすることで確実に広まる

・他人を褒める時は、褒めたい人の仲の良い人に伝える

・みんなの前では「無礼キャラ」で二人きりの時にヨイショしまくる。ただしその際、中途半端はダメで「ヨイショしているのが本当の姿なんだ」と思わせることが重要

・ヨイショする時には細かい情報を入れることで信じてもらえる

・悩みを相談する際はケツを持ってくれる人にすること。
そうすれば失敗時に助けてくれる

・ウソでもいいので相談する。「人に相談されると嬉しい」心をくすぐれる。
相談の内容は実行に移すことを考慮し「どっちに転んでもいい」ものにすること。

・逆に相談された時は、前半と後半で逆のことをいうことで、両方のスタンスを取り、責任を回避する

上司・先輩・後輩を上手に「転がす」方法

・しっかり情報を集めて寄生先を見極める

・優秀な同期は先輩扱いして敬う。

・後輩は将来的に役立ちそうなヤツとだけ打算で付き合う

・ダメだけどかわいい後輩と付き合っても、痛い目を見るだけ

苦手な相手を「小バカ」にして好感度をあげる方法

・お偉いさんは昔の話をしたがる。なので「昔はどうだったんですか?」と聞いとけばいい

・女の話をひたすら聞いて共感して誉めるだけで「自分をわかってくれてる」と思わせることができる

・「違うな」と思う話でも徹底的に共感する。
そうして引っ張り出せば引っ張り出すほど勝ち。相手のことがわかるし弱点も掴める

このまとめと関連のあるカテゴリー

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く