お金のまとめ

5,000万円」

この数字は、20代の人々が両親と比較したときに背負っているハンディキャップの量です。

時代は変わり、「両親と同じくらい生きていけるのなら」はもう有効ではありません。

20代の人には、金融リテラシーを向上させ、お金を生かして自分の生活を広げてもらいたいです。

20代で貯金がない場合、残りの人生でお金を貯めることはできません。

「53に後悔していることを確認し、今はわからない。」

以下、残りの印象からの抜粋
お金のリスク

両親に比べてハンディキャップが5000万円の60代以上の人は、年金や医療保険、公務員などで約4000万円を超える利益を享受している。
20代の方は、お支払い金額より約1000万円安いサービスしか受けられません。
お金の感覚
・1000円未満で決めて
1分以内に決められる金額に応じて考える時間。
少額のお金に時間を費やすよりも、同じ時間で仕事をしてお金を稼ぐ方が効率的だという考えです。
それどころか、家や車などの大きな買い物に多くの時間を費やします。
ルールの保存
・節約、「小さすぎる、多すぎない」
節約、お金は通常よりも必要です、それは不測の事態に備えることを目的としています。保存の目的を明確に!

・100万円節約! 20代の場合は、ここから始めてください。

・20代で貯金がないと一生貯金できません!

・理想的な家庭のプロポーションを目指しましょう!
目的は

固定費30%、変動費30%、教育費と自己投資20%、貯蓄と投資20%、固定費の3つの主要なコストを削減する
。住宅、保険、車をどうするか。新しいマンションには触れないでください。レンタカーやカーシェアリングサービスを検討してください。
仕事とお金
・平均年収は10年前より200万円少ない

・3つの主要なビジネススキル
今後欠かすことのできない「英語」「ITスキル」「プレゼンテーション能力」
結婚とお金
・結婚式の平均費用は200万円です。

・お子さま1人の費用は3000万円です
。大学4年生まで22年間育てる費用です。大型商品の場合、教育費は1200万円、食費は700万円、ポケットマネーは470万円、

一緒に働く夫婦が年間600万円の世帯収入を確保!
理想的な世帯比率を達成するために
保険とお金
・生命保険は2番目に高い購入です
一世帯あたりの平均年間生命保険料は約45万円です。
入会期間が30歳から60歳までの場合、総額は約1350万円です。

民間医療保険に加入してはいけません!
日本には、高額な医療制度など、十分に発達した公的医療保険制度があります。

・積立型ではなく、使い捨て型の保険を選択する
老後とお金

夫婦は老後の生活費に月額30万円、30年間22万円/月の年金給付を差し引いた後、月額8万円=約3000万円

・大きな家は買わないでください!!
投資
・食べたり嫌ったりせずに「投資」を知ろう
投資は「社会を豊かにする」行為です

・投資の超勝利パターンは「資金調達、分散、インデックス作成」です

・投資すると世界の流れが見えます
結論は
著者の金持ちの定義は「お金に惑わされない人」です。

この本を通して、私はあなたにあなたの金融リテラシーを改善し、あなたの富を築き、そして最終的に「真の金持ち」になることを望んでいます。

著者について
岡村聡(岡村聡)

東京大学工学部。東京大学大学院情報学環大学院修了。
経営コンサルティング会社のマッキンゼー・アンド・カンパニーで働いた後、彼は主要な国内PE(プライベートエクイティ)ファンドであるアドバンテッジパートナーズで働きました。
「日本経済の低迷」「社会保障機構の崩壊」を目の当たりにし、「今何をすべきか」を考えた後、2010年6月に退社。妻とともにS&Sインバーションズ株式会社を立ち上げる。 。