「無税」入門!無税へのポイントとは?

2536viewsmegumegu

このエントリーをはてなブックマークに追加
「無税」入門―私の「無税人生」を完全公開しよう

無税へのポイント

・副収入を雑所得ではなく、事業所得扱いにして確定申告する
・副業=副収入=雑所得という旧来の発想を捨てること
・無税への最初の一歩は税務署に開業届けを出すこと

サラリーマンが給与以外に副収入を得る時

・コンビニでアルバイトした場合=給与所得
・コンビニを経営した場合=事業所得
・不定期に原稿料を稼ぐ=雑所得

ただし本人が「この副収入は事業である」と決めれば
そのように申告書で扱えばよい。

ただし、最終決定権は税務署にあるので
考え方が相違して平行線をたどりそうなら
雑所得とする

損益通算という魔術

総合課税
給与所得、事業所得、雑所得など複数の所得が有る人の場合
すべての所得を合算してから課税される

分離課税
総合課税で計算すると税負担が重くなる退職所得など特定の所得については
他の所得と分離して税額を計算する

損益通算
赤字と黒字の所得を相殺できる

魔術は4つの所得にしか効かない

・不動産所得(リースマンションの経営赤字)
・事業所得
・譲渡所得(マイホームの売却損など)
・山林所得(山林の売却損など)

雑所得は損益通算できない
確定申告しても、過払いした所得税は
雑所得から既に報酬から天引きされていた場合の
所得税還付分しか戻ってこない

事業所得の定義

事業として認識しているか

継続して収入があるか

週一回セミナー講師をやっていると言うような
片手間にやっているなら雑所得になる

もし認められなかった場合

事業所得で申請した時
税務署員は確定申告の内容をチェックしておかしいと思ったら
事情を聞きたいとハガキを送付する
雑所得として申告すればハガキは来ない
説明した結果、事業所得として認められなくてもペナルティはない
税逃れではなく、認識の違いだからである

みんなはどうしているのか

起業早々であれば、どのような職種であれ大部分の人が赤字になるだろう
売り上げが少ない時は雑所得、多い時は事業所得にするというのは
税務上問題ないが、考え方の基本が間違っている
なぜなら売上高は関係なく、自分がどう認識し、取り組んでいるかによって決めていいから

開業届けを出すと事業所得になるのか

直接の因果関係はない
事業分を含めた確定申告をすればそれが事業化したということになる
開業届けとは税務署が脱税逃れを監視するためのもの
青色申告するときはまず開業届けを出さねばならない

所得税の計算法

前年1月から12月までの所得金額
所得金額=収入ー必要経費

所得控除額の合計
配偶者控除、扶養控除、医療費控除、生命保険料控除他
課税所得金額
課税所得金額=所得金額ー所得控除額

税額控除額
住宅取得や配当金など、税額控除がある場合

所得税額
所得税額=課税所得金額×税率ー控除額ー税額控除

源泉徴収税額
給与などの収入から源泉徴収されている税額を合計する

申告納税額または還付税額
申告納税額=所得税額ー源泉徴収税額
申告納税額がマイナスになった場合は税金が還付される

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く