頭のいい人だけが知っている「教え方」すごいのコツ

139629viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
頭のいい「教え方」すごいコツ!

頭のいい「教え方」のコツ

■一度に一つだけ教える
 ・人間は一度に2つのことをやろうとすると混乱する
 ・練習道具も一つに絞る

■同じことを何度も言う
 ・同じことを三度繰り返して言わないと学習者には通じない

■セクションの区切りをハッキリさせる
 ・学習セクションは明確に区切らなければならない
 ・セクションの終わりに「まとめ」を入れる

■「問いかけ」で記憶を引っ張り出させる
 ・本当に覚えるためには、覚えたことを使ってみる
 ・「出題してもらって、答える」という経験が有効

■空白地帯で「疑問」を引き出す
 ・配布資料には適度に「空白部分」を入れる
 ・「空白部分はなんだろう?」という疑問を持つようになる
 ・疑問があると人はよく学習をするようになる

■情報を構造化する
 ・構造化のカギは「順番を考える」こと
 ・合理性のある順番の切り口は何かを考える

■ストーリーを組み立てる
 ・人はストーリーがあると情報をよく記憶する
 ・ストーリーができるように話の順番を組み立てる

■意味を思い出しやすい名前をつける
 ・ネーミングが悪いと、名前とその意味との関連付けに時間がかかってしまう

■対比をよく見せる
 ・対比して境界線を作れば、そこに意識が集中できる
 ・対比させるには、違いが一点に集中できるように配慮する

■安心感を演出する
 ・勉強中の学習者は不安なもの
 ・気楽な空間を作り出して、「恥をかく不安」を取り除く

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く