社会人になったばかりの君へ…。佐々木常夫氏による25の言葉

5831viewsreading_boxreading_box

このエントリーをはてなブックマークに追加
働く君に贈る25の言葉

目次

第1章 自分を磨く為に働く
第2章 成長角度を最大化する
第3章 仕事の要を知る
第4章 どこまでも真摯であれ
第5章 とことん自分を大切にしなさい

佐々木常夫氏による25の言葉

1、強くなければ仕事はできない。優しくなければ幸せにはなれない。
2、目の前の仕事」に真剣になりなさい。きっと見えてくるものがある。
3、欲を持ちなさい。欲が磨かれて志になる。
4、「それでもなお」という言葉が、君を磨き上げてくれる。
5、君は人生の主人公。何者にもその座を譲ってはならない。
6、3年でものごとが見えてくる。30歳で立つ、35歳で勝負は決まり。
7、poorなinovationよりも、優れたimitationを。
8、仕事で大切なことは、全て幼い時に学んでいる。
9、良い習慣は、才能を超える。
10、すぐに走り出してはいけない。まず考えなさい。
11、「思い込み」は、君を間違った場所へ連れて行く。
12、事の軽量を知る。それがタイムマネジメントの本質。
13、書くと覚える、覚えると使う、使うと身に付く。
14、言葉に魂を吹き込むのは、君の生き方。 
15、本物の重量感を知りなさい。
16、せっかく失敗したんだ、生かさなきゃ損。
17、自立した人間になりなさい。
18、上司の強みを知って、それを生かしなさい。
19、リーダーとは、周りの人を元気にする人。
20、信頼こそ最大の援軍。
21、君の幸せの為に弱い人間を助けなさい。
22、自分を偽らず、素のままに生きなさい。
23、逆風の場こそ、君を鍛えてくれる。
24、運命を引き受けなさい。それが、生きるということ。
25、人を愛しなさい。それが、自分を大切にすること。

本文より一部抜粋

 会社では、君がどこにいようとも、皆が君のことをじっと見ている。日陰の部署で苦労しているとき、不遇をかこっているときも、ずっと見守っている。そこで、精一杯やれば、「あいつは頑張っている」「あいつは根性がある」と認める人が必ず現れる。
 そして、結果を出せば、必ずリターンがある。世の中は捨てたもんじゃない。頑張る人、努力する人が、最後の最後まで不遇などということは殆どない。志があって、周りの人を大事にしていれば、必ず誰かがそれを見ている。
 だから、職場の良し悪しで一喜一憂しないことである。むしろ、不遇な部署にいくことを「チャンス」だと思ったほうがいい。一番危険なのは、順風満帆のときである。自分を過大評価して、尊大になってしまう恐れがある。本流から、ちょっと外れた道を歩むくらいがいい。逆風の場こそ、君を鍛えてくれるのだから…。

感想

 一つ一つの言葉が、著者の体験をもとにして書かれているので、とても説得力がありました。社会人として、働くものとして、そして人として大切なことを教えてくれる一冊。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く