モノを排除するための妙薬!シンプルを極める整理術

2545viewsmegumegu

このエントリーをはてなブックマークに追加
シンプルを極める

読み終わった後あなたはきっと「余分なものを捨てよう!」と決意できる!

モノを排除するための妙薬

・モノを少なくすると現在を永遠に生きることができる

・モノが不足している時よりも多く持っているときの方が嘆きが多くなる

・自分のエネルギーを浪費しないこと!それを有効利用しなさい!

・家具の多い部屋は部屋としても特徴に乏しい

・モノを捨てれば捨てるほど、自分にとって不要なものが認識できるようになってきます

・モノの役割は他の様々な豊かさへの移行が容易

・もしも幸せになるためにモノを多く持っていたら
 まさにそれとはまったく逆のことが起きます

身辺整理、事始め

・取っておくモノは少なく
 これこそが「調和」を形成する一番簡単な方法

・本物のスタイルを見つけ
 本当の自分を反映するものだけを取っておく

・活気のないモノたちは魂
 愛する力に繋がる心をもっているか

・将来的にいつか貧乏になる
 あるいは貧困の中で年老いることが心配なら
 品質の良い長持ちする
 便利で美しいもののみを取っておくこと
 「二番目の選択」では駄目

・これを捨てた場合、自分に起こりえる最悪の事態は?と自分に問いかけてみる

・私たちは持ち物の2割しか使用していないと言われる

・人生は生きるもの?それとも所有するもの?

・死を避けるために蓄財し、生きることを困難にしている

過剰に溜め込む人たち、その理由

・子どもの頃住まいを転々とし私物を増やすことを許されなかった

・誰かに見捨てられた(モノは捨てるまで自分を離れない)

・子どもの頃親の身勝手で勝手に所有物を捨てられた

・性的虐待を受けた(自分のものを触られると不快。さらされている感じがする。)

・望まれて生まれてこなかった
 (安売りのものを見るとそれが誰にも必要とされていないようで見てられない)

・浪費家と思われることへの不安

・本当の自分に向き合う不安
 散らかったものが自分を守っていると感じる

・高齢者はモノを溜め込むことで、残り少ない人生をコントロールしている気になる

・差し迫った必要性もなく過剰に溜め込むのは人間だけ

いざ!実践!

・本は文庫本で、読んだらやはり始末する

・大きなものから処分する

・雑多なものを入れる引き出しを1つ確保する

・処分に迷っているものは目に付くところに置く
 見飽きて魅力を失うか、行き場をすぐ見つけられる

・色を限定する

・本質に反するものはすべて取り除くべきである

・シンプルに生きることは徐々に会得していく審美眼である

・旅行を機に処分する
 使い古しの衣類や使いかけの化粧品を持って行き
 その都度処分する。

・1つのものを取っておくか決めるとき
 少しでも迷いがあるならそれは自分のために存在するものではない。
 

・モノを処分する時犠牲を払っている気分になるときは止めるべき
 もっと代わりに欲しいものが現われるというように
 そのものが以前ほど自分をひきつける魅力を持たなくなった時に処分すればいい

・欲しい物を入手することは豊かさのしるし
 でもそれがなくても済むというのは能力の成せる業

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く