現代病の一因は「ビタミンD」欠乏だった!

2904viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
サーファーに花粉症はいない ~現代病の一因は「ビタミンD」欠乏だった!~

現代病「ビタミンDの不足」

■どこの国でも30~80%はビタミンD不足
 ・皮膚学会組織やWHOは30年間日光に直接当たないことを推奨してきた
 ・その結果、世界中のどこの国でも30~80%はビタミンD欠乏症に陥っている

■皮膚がんより怖いビタミンD欠乏
 ・アメリカでは年間500名の女性が皮膚がんで早くになくなる
 ・日光への暴露不足が原因で年間22万7500名が早くになくなっている
 ・皮膚がんを嫌うあまり、紫外線を避けると死亡率リスクは55倍になってしまう

■ビタミンD欠乏の状態
 ・骨軟化(骨折のしやすい体に)
 ・免疫力の低下(病気になりやすい)

■ビタミンD欠乏を解消するには日光浴
 ・日光浴をすることで、自分の身体でビタミンDは合成される
 ・日光浴は快楽物質βエンドルフィンやセロトニンも生成される
 ・心地よさやリラックス効果も得られるようになる

■北緯35~50度で日本人に多い肌質の場合「日光浴ガイドライン」
 ・紫外線(UVB)が地表に届く季節(2~10月)
 ・太陽が南中に達する前後2時間
 ・半袖半ズボンで15~20の日光浴を週2,3回

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く