アイデアを手に入れる人はアイデアが存在することが分かっている!アイデアを出すコツとは!?

2132views読魔女読魔女

このエントリーをはてなブックマークに追加
アイデアのヒント

アイデアを手に入れる人はアイデアが存在することが分かっており、アイデアを自分が見つけられること分かっている。アイデアが浮かばない人はアイデアが存在することが分かっていない。アイデアを出すコツとは!?

アイデアを生むには楽しむこと

楽しんでやった人ほど良い成果を上げる。真面目腐った人は大した考えを持っていない。アイデアいっぱいの人は決して深刻にならない。ユーモアと想像力は表裏一体。ユーモアと想像力は共通の基盤の上に立っている。「彼女は転倒し、髪の毛を骨折しました」。前半は当たり前なのだが、後半に思いがけないどんでん返しが待っている。ところが、思いもよらなかった結末なのに、おさまりの悪さはない。二つの異質なものがぶつかり合って全く新しい世界が生まれ、笑いを誘っている。アイデアも同じことだ。二つの既存の要素の予期せぬ結合によって、全く新しい心理が生まれる。異なる二つの思想の出会いがアイデア。

まずは楽しむこと。いい仕事は、その結果としてついてくる。楽しむことで創造性が解き放たれる。それはアイデアを手に入れるために蒔く種の一つなのだ。職場に来るのが楽しくなるように、もっと多くの種を蒔こう。つまらないものや退屈なものは駄目だ。これがビジネスの大前提だ。ビジネスは楽しくなくてはならない。楽しくないなら、人生を無駄にしていることになる。人生を無駄にしてはいけない。楽しもう。そうすれば、アイデアは自然に浮かんでくる。

アイデアのインスピレーション

インスピレーションは、無意識下にあるアイデアが意識的な厳しい労働によって刺激を受け、そのあと休息によって解放されることで生まれる。その問題を忘れて、他の仕事をしよう。一つの問題から離れるときは、他の問題に取りかかろう。ポイントはギアを変えることにある。壁にぶつかっている問題は無意識下で考える一方、意識の上では別の問題を考えるのだ。一つの問題を寝かせておいて別の問題に着手するわけである。無意識はどんな問題に対しても同じようにフル回転で働く。忙しい人ほど多くのことを成し遂げ、いつも数多くのプロジェクトを同時に抱えていられる理由の一つがこれである。彼らは大切な仕事にエネルギーを注ぐ術を体得しているのだ。彼らはまた、仕事の多くを寝かせる術も心得ている。たくさんやるだけ、たくさんのことがやれる。少ししかやらないと、少ししか出来ない。

アイデア出しメモ

芸術家であろうと科学者であろうと、多種多様な自然の中に新しい統一を見つけた時に創造が始まる。それまでに出ると思わなかったものの間に類似点を見つけることで、人は創造的になる。想像的な心とは、思わぬ類似性を見いだそうとする心である。

失敗をくよくよ後悔したって始まらない。それより、そこに新しいアイデアの芽がないか、探したほうがいい。

アイデアを考え始める前に、できるだけの情報を集めることが肝心だ。聞けることは聞こう。際限ない質問をしよう。

水平思考を使用。イメージを想い描こう。「もし、こうだったら」と考えてみよう。似ているものを探そう。物事を結びつけてみよう。自分がどんな仮定をしているのか、どんな常識にとらわれて考えているのか、問いかけてみよう。勇気を奮い起こしてぶつかっていこう。

感想

意識を集中させて、その問題に意識を集中させてずっと考えていると、結果としその問題に関連する情報が向こうからやってくるというのが個人的にしっくりきてよかった。だから問題に意識を集中させることが大切なんですね。頭を問題でいっぱいにして、どこまでも質問し、できる限り探求します。できる限りの努力をして、仕事にかかる前に情報を集めます。そうして集めた情報が、飛躍への踏み切り板となるんです。アイデアってこうゆう正しい発想原理を知ることが大切です。おすすめのアイデア本です!

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く