嫉妬で悩みたくない人必見! 嫉妬を解決する6つの方法

6768viewshisahisahisahisa

このエントリーをはてなブックマークに追加
もう二度と嫉妬に苦しまないための81のレッスン―軽やかな人生を送るために、あなたができること

1. すべてを解釈しようとしない!

なんでもかんでも自分の立場に引きつけて解釈するのは考えもの。そこから嫉妬が生まれます。あれこれ詮索しすぎると、そこから嫉妬が生まれます。解釈というのは、そのほとんどが間違っているものなのです。「現実」はもっとずっと単純だということを忘れないようにしましょう。

2. プライドを改めよう

すごく嫉妬深い人は、プライドもまたすごく高いもの。あらゆる状況を自分の思いどおりにしようとし、相手にまったく自由を与えません。すべてを支配したがるのは、プライドがあるからなのです。

3. 嫉妬は、自分をより深く知る良い機会だ

嫉妬の発作が起こると、心の秩序が崩壊します。でも、そのときこそチャンスなのです。自分の心に接近して、じっくり観察してみましょう。そうすれば、魂の割れ目から真実が顔を覗かせます。

4. 猜疑心を持たない!

ポケットの中身を調べたり、手紙を読んだり、ケイタイの履歴をこっそり見たり…そうしたことは、相手の人生に対する侵害です。それは相手をおとしめる行為。そして、あなた自身をおとしめる行為でもあるのです。

5. 信頼する心をはぐくむ

自分を、そして相手を信頼しましょう。これは、ついつい嫉妬してしまいがちな人には、とても難しいこと。でも、どうしても必要なことなのです。信頼する心は、自分ではぐくむことができます。

6. 嫉妬していることを、紙に書いてみる

嫉妬深い人たちは、心の中にしばしば波瀾万丈の物語を創り上げるもの。それを紙に書いてみると、物語が客観化されて、心がそこから解放されることがあります。表現することで、癒されるのです。自分で創り上げた物語に閉じ込められないようにしましょう。

感想

嫉妬を解決する81の方法がわかりやすく書かれており、本の構成もシンプルで読みやすいです。嫉妬とはなんぞや!?と恋愛や仕事などあらゆる場面の嫉妬に悩んでいる人におすすめしたい一冊です。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


hisahisahisahisa
嫉妬あかん。気をつける。

コメントを書く