結論までのものの見方、考え方のプロセスを重視した「心理学」の本質的な面白さとは!!

2842viewsうめ吉うめ吉

このエントリーをはてなブックマークに追加
フシギなくらい見えてくる! 本当にわかる心理学

心理学とは何か

■深層心理学と実験心理学がある
深層心理学→よく言われるフロイト、ユングなどのヨーロッパ式の伝統的な精神分析
実験心理学→科学的根拠を重んじる、目に見えるものしか実在しない。
■実験心理学は日常生活に役に立つ
行動主義、認知主義が心理学の主流になってきている

現象から見る心理学

■自己肯定感=自分を好きになる方法
情けは人の為ならず…親切をすると、私は意味あって生きている、価値のある人間だと自己肯定感がます。他人の為に親切にするのではなく、自分を好きになるためにする。

■自己効力感=自分で選択したい=人間らしく生きること
見るなと言われると見たくなる、心理的リアクタンス

■記憶は思い出すときにかなりゆがむ

■ピグマリオン効果
相手を信じるだけで、願いがかなう確率が高まる。

実験で図る心理学

■努力しても無駄という学習性無力感
自分の頑張りではどうすることもできない状況が無力感をつくる

■モチベーションには、
内発的モチベーション→やっていること自体に面白さや充実感を感じて頑張る
外発的モチベーション→物質的な報酬や評価を得ようと頑張る
内発的の方が、よりよい結果や集中力をだせる!!

■覚えるのではなく理解する=記憶力の精緻化

■断言調かつ二面性提示
→性格診断、正確占いがこの手法

■ランチョンテクニック
人は一緒に食べながら話をすると相手に好意を持ちやすい

観察から見る心理学

■一を聞いて十知る人の思考パターン
新しい場面や情報を丸暗記するのではなく既有知識と結び付ける

理論を整理する心理学

■どのくらいの難易度なら意欲を感じるか
自己効力感理論→この努力は報われる、自分にならこの努力はできそうだ、の2つが必要
■意欲を保つには
なにを出来事の原因だと考えるか原因帰属が重要
■期待×価値=モチベーション
■ストレスコーピング
問題焦点型と情動焦点型

感想

・ホンマでっかTVの植木先生が書いた本
・最近の心理学は実験心理学だ、ということをはじめて知る。目に見えない世界しか存在しないという科学的な心理学は面白いなぁ。
・モチベーションについての話がおもしろかった、
・心理学についてもっと知りたくなった!

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く