いくつになっても年をとらない9つの習慣

14384viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
いくつになっても年をとらない9つの習慣

いくつになっても年をとらない9つの習慣

1.「赤い食べもの」を食べる
 ・トマトやスイカの赤い色「リコピン」は強い抗酸化作用がある
 ・サケ、タイ、エビの赤色「アスタキンサンチン」も抗酸化作用が強い

2.食物繊維が免疫機能を高める
 ・食物繊維は腸内の「善玉菌」を増やし、免疫機能を高める

3.大豆を摂る
 ・大豆に含まれるイソフラボンには女性ホルモンのような作用がある
 ・肌もつやつやになり、メタボの予防にもつながる

4.鉄の量を減らす
 ・パワフルな男性には必須の鉄分には毒性も強い
 ・活性酸素やフリーラジカルという酸化反応を引き起こす物質を大量に生み出してしまう
 ・血液中に鉄分の多い人は、たまには肉類など鉄分の多い食事をさけてみる

5.健康診断を定期的に受ける
 ・健康診断異常なしでも、安心しない
 ・重い病気にならないことが、健康を保つ秘訣

6.ウォーキングをする
 ・適度な運動は抗酸化剤、抗酸化食品に匹敵する

7.部屋を真っ暗にして眠る
 ・夜真っ暗だとメラトニンというホルモンが分泌され眠りやすくなる
 ・睡眠中に成長ホルモンが分泌され、体が若返る

8.紫外線対策をする
 ・シワ、シミ、たるみ、くすみには紫外線対策がもっとも重要
 ・外出するときは、日傘、帽子、手袋などは必須

9.軽く見積もってもマイナス10歳の差が出る悪習慣を避ける
 ・肥満、運動不足、ストレス、喫煙で10~20歳寿命に差が出てしまう

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く