本質を見抜く「考え方」9つのポイント

2010views出虹出虹

このエントリーをはてなブックマークに追加
本質を見抜く「考え方」

●「~は~であるとか「~は~でない」と言い切りの形で言い表すと考えがより明確になる

●「世界がもし100人の村だったら」のように大きすぎて考えにくい問題は規模を縮小して考えると、問題が鮮明になる

●答えを見聞きする前に一瞬でも自分の頭で考える習慣をつけいちいち人に聞かずに済ませる。

●人が自分を見ている視線を知ることは二倍の収穫をもたらし自分の成長にとってとても必要な姿勢である。

●迷ったら自分が面白いと感じる感性に従う

●人生の中で一筋縄ではいかない矛盾、壁を愛し大きな目を持つ

●人間の本性として相反するものを統一したいと思うものだが、どちらかを切り離さずに試行錯誤しながら2つを統一する時より深い知性や思考が生まれる。

●情報はできるだけ早くキャッチして、検証に時間をかけ、あえて遅く行動し、退く時は潔く退く

●直感で決め、どんどんやり、リスクが大きくなる時は保険で論理を用い穴がないか確かめる

感想

物事の本質を見抜ければ仕事や生活に役立つと思い読み始めました。

具体例として世界情勢や歴史が用いられ、そちらも楽しく読めました。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く