頭のいい人の時間攻略法!脳科学的にも正しい時間の使い方とは

19340viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
頭のいい人の時間攻略法

脳科学的に正しい時間の使い方

■同時に2つの処理をすると脳の力がアップする
 ・脳はダブルタスクが苦手だが、訓練をつめばできるようになる
 ・複数の仕事を同時にこなせば能率が上がる

■仕事は8割で止めると意欲が翌日まで持続する
 ・その日100の仕事ができるなら、80でやめるほうが効率がいい
 ・途中で止めたほうが翌日まで意欲が持続し、スムーズに仕事が進む

■目標に向かって仕事をすることが最短距離と最短時間をつくり出す
 ・同じことを繰り返すと脳の神経回路はもっとも効率がよいように変化する
 ・目標を持って仕事に取り組み、努力をするだけで、最短時間が更新されていく

■「何とかなるさ」の前向き思考が時間を生み出す
 ・追い込まれるとストレスで脳は破壊される
 ・追い込まれても「何とかなるさ」という前向き思考で脳を保護するのが大切

■やる気にならないときは、しばらく休んだ後、仕事にかかる
 ・やる気は仕事をしているうちに生まれるもの
 ・休息の後、仕事をはじめるとやる気は一気にわいてくる

■長時間働き続けるのは非効率
 ・一時間ごとに脳を休ませる
 ・歩くことも気分転換と脳に刺激を与えるにはいい方法

■スケジュールに迷ったら自分の直感を信じて動く
 ・"やりたい"という意欲を活かすほうが、効率よくこなせる
 ・優先順位に困ったときは、やりたいという直感で仕事を処理する

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く