「思い」を「できる」に変える仕事術 !コンセプト思考を実践する方法

2128viewsgungalgungal

このエントリーをはてなブックマークに追加
成功はすべてコンセプトから始まる

1章 実現可能性より面白さコンセプトドリブン思考

インパクトが全ての原動力

1 実現可能性ドリブン
  現実的課題を一つずつ潰す 

2 コンセプトドリブン
  インパクトを積み重ね結果出す
  

トヨタのカイゼン
 在庫ゼロ達成は典型的コンセプトドリブン
  

良いコンセプトの条件
 面白い
  ワクワク感ありインパクト大
  

 説得力
  実現可能性ある
  

 生き生きとイメージできる
  具体的な価値提供がイメージできる

 焦点が絞れている
  分かり易く一発で全体感を理解
 

コンセプトの効果

良いコンセプト
 面白さと説得力を持ち人を束ねる
  

2章 良いコンセプトを生むクリエイティブ思考の技術

オリジナリティ幻想を打ち破れ

オリジナリティへの拘り
 失敗のもと

借り物のコンセプト
 本気で取り組めば自分のものに

リソースフルを目指す
 発想の引き出し増やす

事実を正しく見る事 疑う事
 精神論でなく現実直視
  

疑うとつくる2つの能力を同時に使う

クリエイティブさ
 才能でなく蓄積
 既存の組み合わせで発想無限

有望な組み合わせ
 一瞬でイメージ伝播
 

組み合わせ能力を鍛える

組み合わせ能力高める6ポイント
 毎日の生活で一次情報蓄積
 

 知らない事集中的に蓄積
 

 シンクビッグ
 

 視点の抽象度上げ鳥瞰
 

 他人視点で見る
 

 素人であり続ける
 

3章 アイデアをお金にするビジネスモデル発想法

持続可能性があるべき将来像のカギ

事業コンセプトの本質
 持続性にあり一発屋のコンセプトはダメ
  

事業として成立するか
 お金を生む事が持続に不可欠
  

お金の事は後回しでは続かない
 お金を回す仕組みが重要
 

ビジネスモデルの「三本柱発想法」

3つの基本要素
 顧客
 提供価値
 根拠
    

顧客開発からはじめよう

最大のリスク
 顧客いない事
  

意見聞く人でなく本物の支持者探す
  

新規顧客のかたまり発見する

約束を守れる「根拠」を構築する

根拠≠自社の強み
 強みに拘ると戦略の選択肢減る
  

 都合優先の戦略は失敗

 プロ経営者はどうすれば勝てるかの発想のみ
 

4章 本気の仲間を増やすコミュニケ―ション術

コミュニケーションの基本ステップ

ステップ① 一行コンセプト作成

ステップ② 物語化
  

ステップ③ 資料作成
  

ステップ④ 自分を伝える
 

コンセプトのコミュニケーションとは楽観論を売る事

楽観論売りつつ冷めたマインド保つ
  

自分が評論家でない事示す
  

過程を楽しむ

終 章 強い意志がコンセプト実現を可能にする

コンセプトには強い意志が不可欠

見えている人は何が違うか
 強い意志がある
  

モチベーションだけで乗り切れない
 インパクトの達成に不確実な状況は避けれない
  

良いコンセプト持つ人についていくのも手
  

インパクト=コンセプト+意志力
 似たコンセプトがあっても意志力持ち取り組めば自分のものに
 

感想

本書で著者は技術開発や製品開発は、あくまでコンセプトを実現するための手段に過ぎず、戦略を凝縮したもので具体的な行動の指針になるコンセプトこそが成功の鍵になるとして、その立案方法を具体的に解説している

本書で解説されているコンセプト思考は新規事業の立上だけに限らず、現状の業務のやり方を見直す際にも十分に効果を発揮する
 
ビジネス構築の関連書「リーン・スタートアップ」(http://bukupe.com/summary/6691)や「良い戦略、悪い戦略」(http://bukupe.com/summary/6764)と合わせて読む事をお勧めする

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く