「ロックマン」「モンスターハンター」などのゲームのプロデューサーが語るメガヒット商品の作り方

1601viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
1億人に買われるメガヒット商品のつくりかた

矛盾

■矛盾に挑戦する
 ・矛盾こそヒットの法則
 ・スポーツカーで燃費が悪いはずのポルシェが燃費のよければ売れる

コンセプト

■「1枚の絵」「絞り込み」からコンセプトは生まれる
 ・具体的なシーン(素手で100体のゾンビと戦うなど)からコンセプトをつくる
 ・誰でもコンセプトつくりやすいのは、明確に絞り込む(条件を箇条書きでかいてみる)

■過去作品と比較されてはいけない
 ・過去のヒット作品と比較されやすいコンセプトは失敗しやすい

■変えてはいけないコンセプトもある
 ・変化を追及しがちでも、世の中には変えてはいけないコンセプトもある

分析

■成功を「正しく」分析する
 ・成功商品の表面だけ分析して、コピー商品をつくっても成功しない
 ・ポケモンがヒットしたら、ポケモンの要素をもった別のものをつくる

■「映画・テレビ・本」などにふれまくる
 ・「こうすればもっと面白いのでは」という視点で見る
 ・SF映画がつくりたいからと、SF映画だけを見ても新しいアイデアは生まれない
 ・名作だけではなく、栄養価が低いもの、毒になるものも積極的に入れていく

人と違うこと

■人がやらないことをする
 ・人がやらないことをするというのは、ヒット商品を生む大原則
 ・現在、ヒットしている商品の反対側に注目してみる
 ・正反対を考えるとき大事なことは、本質の反対側を見る

■ぶさいくなデザインを目指す
 ・みんながカッコイイ(かわいい)は、心に響かずあきられやすい
 ・ちょっとぶさいくは、後で見るとカッコイイ(かわいい)にできる

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く