やりきることができない理由、やりきるための技術

2581viewsうめ吉うめ吉

このエントリーをはてなブックマークに追加
やりきる技術―最高のパフォーマンスを生み出す仕事のきほん

やりきることができない理由

■始めるまでが一番重い
→物理的重さ、精神的重さ(先が見えない恐怖や不安)
■始めても続かない
→甘い誘惑、突発事項
■やり直すことが重要
→オールオアナッシングはダメ。百回でも千回でもやり直す。
■やりきることで手に入ることを意識して、始める続けるやり直すを繰り返す。
→やりきる=自分への信頼と自信がつく
■心と体のアプローチでやりきる
→「認知」「行動」療法
「心が変われば行動が変わる」と「行動が変われば心が変わる」どちらも正解
行動を変えていくアプローチの方が初級編。

始める技術(体)

■細かく砕いた目標を作れ
→本を読むではなく、本を開くことから始める
■一石二鳥で紐づける
→毎日必ずする習慣に紐づける

始める技術(心)

■イラショナルビリーフ(非合理的な思い込み)を書きかえる
→「やらなくてはならない」から「自分が選んだやりたいことだ」へなど。
■途中経過ではなくゴールをイメージする。

続ける技術(体)

■とんでもないところへたどりつく唯一の道は小さいことをコツコツと積み重ねること
■定例化し、習慣にする
■サンクチュアリ(聖域)の時間を決め、そこで緊急でないが重要なことをやる。

続ける技術(心)

■欲張らない
■意思を持って楽しむ
■行き詰った時は飛ばして次へ行く
→心に空白ができると埋めようとするのでやりきるモチベーションが強くなる
■宣言をしてプレッシャーを作る
■ご褒美と罰をつくる

やり直す技術(体)

■あきらめない限り途中経過である。
→ブランクがあいてもやり直す
■違うやり方でやり直す
→同じやり方では同じ結果、違うやり方で結果を変える
■やめることリストをつくる

やり直す技術(心)

■三日坊主の自分を褒める
→三日坊主を逆の視点でみると、365日4分の1は失敗してもあきらめずやり続ければ273日も
成功しているということ。
■悩んでいるのはやり直したい証拠
■自分との約束を守ると自信が手に入る
■不完全な自分を好きになる
■スタートスモール70点主義

感想

・やめないで続けるためにはどうしたらよいかを書いている本は多いけれど、続けられなくてやめてもまたやり直せばよい、という考え方が新しくてなるほど、と思いました。
・自分のことを書くワークシートみたいのがあるので、自分のことをまとめられてよいです。
・やりきることで自分への信頼と自信が手に入る、ほんとそうだな。私も最近勉強するのをやめてしまったけど、またやり直そうと強く思いました。
・印象に残ったのは、心を変えて行動を変えようっていうことと行動を変えて心を変えようっていうこと、両方やるのが効果的でわかりやすく書かれていたのでとても読みやすかったです。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く