スラムダンクの秘密!よくここまで研究したものだ。

6860viewshisahisahisahisa

このエントリーをはてなブックマークに追加
『スラムダンク』の秘密 完全版

影の男気ナンバー1大楠

桜木軍団のエトセトラの一角である大楠雄二。デブキャラの王道なのか、何かとおいしい絡みが多い高宮と、鉄男たちに殴られまくっても一言もはかなかった野間に比べると、宮城と殴り合いになりそうになるも、洋平に止められた大楠には、いまいち目立ったシーンがない。しかし、湘北対翔陽戦の後半、藤真の登場で盛りあがる翔陽観客席に負けまいと、野間が2リットルペットボトルを4本購入してきた。内訳は、ポカリ2本、コーラ1本、メッツ1本。洋平の一言で、すべてを飲まなければならないと気づいたエトセトラは、一気飲みを始める。高宮は、コーラがよほどキツかったのか吐き出している。その後、高宮を除く3人は腹を膨らましながらも、自分の担当分は飲み終えたようだ。この一連の流れを見ると、またもや(?)高宮の行動がやたらと目立つ。結果的に炭酸2リットルを飲み切ったので、確かによくやったとは思う。が、炭酸を飲んでいた男はもう1人いるではないか。洋平と野間はポカリ担当なので、一気飲みをするのに異常な苦しみは伴わないはずだ。一方で、高宮の状況を見てもわかるように、炭酸を飲みきるのはかなり大変だろう。にもかかわらず、大楠は文句も言わずに炭酸を飲み切っていた。メッツはコーラに比べれば、炭酸が強くないかもしれない。それでも、何一つ言わず、炭酸をさっさと飲み干した大楠は男である。「あーあ退屈だ」というセリフも、男気が足りない友人に向けられたものだろうか。なんだかそう聞こえてくる。

感想

個人的には水戸洋平が一番かっこいいと思っています。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く