もっと発想の道具を使いこなそう!アイデアがあふれ出す道具箱

1718viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
発想の道具箱

アイデアがあふれ出す道具箱

■他人の脳みそ拝借法
 ・ライバルや手本になる人になりきって考えてみる
 ・できれば異質(違う会社、外国人、異性など)など遠いタイプになってみる

■パワーランチ
 ・毎週1回くらいは社外の人と情報交換のつもりでランチをとってみる

■トランスファー発想術
 ・発想が行き詰ったら、あれこれ交換してみる
 ・糸井重里さんのキャッチコピー「おいしい生活」は「甘い生活」(映画)を入れ替え
 ・古畑任三郎は推理小説=最後に犯人を、最初に犯人登場と順序を入れ替えた

■リアレンジ眼
 ・いつもとは違う角度から見ていると切り口が変わる
 ・前後、左右、上下、裏表など反対の視点で考えてみる

■コラボ発想術
 ・あれとこれを結びつけて考えてみる
 ・あえて異質なもの同志を組み合わせてみる

■アナザーユース連想術
 ・これは他にどう使えるのか考えてみる

■極小化アプローチ
 ・より小さく、より軽く、より低く、より短く、より少なくを考えてみる
 ・もっと引けないかとマイナス視点で考えてみる

■極大化アプローチ
 ・より大きく、より強く、より高く、より長く、より多くを考えてみる
 ・もっと増やせないかとプラス視点で考えてみる

発想の道具箱

発想の道具箱

  • 中島孝志

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く