しかけ人たちの企画術の書評・感想

2346viewsromaiyaromaiya

このエントリーをはてなブックマークに追加
しかけ人たちの企画術

今をときめくクリエイターの講義録。放送作家・小山薫堂氏、元フ​ジテレビのプロデューサー・吉田正樹氏、山形の名店「アル・ケッ​チャーノ」シェフの奥田政行氏など。

この本の素敵なところは、クオリティが高くて濃いこと。企画をど​う生み出すかの一点に集中してまとめられており、思い~立案~行​動~実現が丁寧に描かれている。こういう方たちの話となると、横​道に逸れた話も収録されがちだが、その類がほとんどない。

大半の方が点で考えず、線で企画を考えている。その人自身の思い​をつないだ結果生まれるものが強いこと、凝縮したものを少数出す​より、数を出して打率を上げていく方法をとっていることも印象的​。

どんな企画を立てるか、ではなく。何のために企画し、それによっ​て何を起こしたいのかをいかに明確にできるかが名人のポイントな​のかも。迷ったときに読むと勇気が出る一冊。企画もさることなが​ら、生きる姿勢も素敵なので。

しかけ人たちの企画術

しかけ人たちの企画術

  • 小山薫堂,箭内道彦,片山正通,後藤繁雄,堂山昌司,吉田正樹,中村勇吾,嶋浩一郎,奥田政行
この本の他のまとめを見る (全2まとめ)

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く