可能なうちに人生を出来る限り楽しめ!悩みを克服するカーネギーの考え方

2222views図書 館子図書 館子

このエントリーをはてなブックマークに追加
道は開ける 新装版

何度でも読み返したいデール・カーネギーのおすすめ自己啓発書。カーネギーを読まないなんてありえない!

可能なうちに人生を出来る限り楽しめ

今日という日が人生の第一日であり、最後の一日であるかのように毎日生きる。興奮状態にある人は、悩みで苦しめられることはない。成功の大きな要因は情熱。興味深い本を読むことで、心の悩みを追い出せる。大いに汗をかく主義を実行すれば、憂うつや悩みは消え失せる。忍耐と時間も、ある意味で悩みを解消してくれる。適切な視野から悩みを観察し、「二ヶ月もすれば、この悩みは解消しているのに、なぜ今それを苦にするのだ?二ヵ月後に予想される態度を今すぐに取ろう」。運動をする。意気消沈したとき、一日中、身体を動かしているように努めよ」。仕事をしながら、くつろぐ。「あせったり、せかせかしたり、緊張した状態で働く愚を避けよう」。

疲労と悩みを予防する四つの習慣

1.当面の問題に関係のある書類以外は全部机上から片付けよう:今すぐ必要としないものを全部片付ければ、もっと容易に仕事が出来る。上手な家政こそ、能率向上の第一歩。
2.重要性に応じて物事を処理する:人は必ずしも物事を重要性に応じ、処理しえない。一番重要な事柄を最初に処理するように計画するほうが、行き当たりばったりより良い。
3.問題に直面したとき、決断に必要な事実を握っていれば、その場で解決する。決断を延期しない。
4.組織化、代理化、管理化しよう。

いかにして悩みを克服したか

人は人生を理解する為ではなく、人生を生きる為に作られている。病気の大半が悩み・不安・緊張・恐怖から起こる。祈りと信仰はその原因を追い出す。歯を食いしばって生きる真っ暗闇の時間は一瞬に過ぎない。その後に未来が開ける。「求めなさい。そうすれば、与えられる。探しなさい。そうすれば見つかる。門をたたきなさい。そうすれば、開かれる」。もしあなたが無神論者でも、祈りは期待以上にあなたを助ける。

何かが成就されるように祈るのは、何かの恩恵に預かっているか、成就しようと努力しているから。祈りは人が生み出す強力なエネルギー。

「主よ、私をあなたの平和の道具としてお使いください。憎しみのあるところに愛の、いさかいのあるところに許しの、疑惑のあるところに信仰の、絶望のあるところに希望の、闇に光の、悲しみのあるところに喜びの種を蒔かせて下さい。お偉大な主よ、慰められることよりは慰めることを、理解されるよりは理解することを、愛されるよりは愛することを、私が求めますように。私たちは与えることの中で受け、許しの中でゆるされ、死の中でこそ永遠の命に生まれるのですから」

感想

すべての人に読んで欲しい1冊です。カーネギーの考え方を知ると人生が変わります。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く