世界中の経営者に影響を与えたマイケル・ポーターの「競争戦略」とはなにか。

2281viewsogata08ogata08

このエントリーをはてなブックマークに追加
ポーターを読む (日経文庫)

競争戦略の全体像

自社の強み=競争力を高めるためには「業界の中で良いポジションを見つけること」が重要。
オペレーションの改善ばかりに気を取られてはいけない。

そのためにはまず「5つの競争要因」という枠組みを用いて、業界の魅力度を理解する。

その上で「戦略ポジション」という考え方を用いて企業戦略を検討する。

これがポーターの「競争戦略」である。

「5つの競争要因」とは

「5つの競争要因(ファイブフォース)」とはある業界の収益性はどうか、またその原因はなにか、を理解するための枠組み。

以下の5つの要因に、自社製品の価格は影響を受ける。

「競合他社」
「買い手の交渉力」
「売り手の交渉力」
「新規参入の脅威」
「代替品からの圧力」

ポーターは従来の代表的な事業ポートフォリオの考え方グロース・シェア・マトリックス(金のなる木/花形/負け犬/問題児)を否定し、新たな枠組みを提唱した。

「戦略ポジション」とは

「低コストポジション」
「差別化ポジション」

この2つは基本的な企業戦略の方向性であり、トレードオフの関係にある。
この他にも戦略ポジションには多くのトレードオフ(二者択一)を含んでいる。

どちらの選択もあり得る中で経営者は決断しなければならないが、そのトレードオフに対してぎりぎりの選択をした戦略ポジショニングこそが模倣されにくい戦略であるとポーターは主張した。

従来のリソース・ベースト・ビュー(RBV)と呼ばれる経営資源や組織能力を競争優位の源泉とする考え方は、オペレーションの問題であり、いずれ模倣されるものだとポーターは否定した。

ただし戦略ポジションは劣化する。
既存の主流顧客には受け入れられなくても、将来を見越した時には破壊的なイノベーションが必要になる。(=イノベーションのジレンマ)

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く