ムダのない企業プロセスでイノベーションを生みだす!リーンスタートアップの考え方

2450viewsgungalgungal

このエントリーをはてなブックマークに追加
リーン・スタートアップ  ―ムダのない起業プロセスでイノベーションを生みだす

リーンスタートアップの5原則

①アントレプレナー(起業家)はあらゆるところにいる
②起業とはマネジメントである
③検証による学び
④構築―計測―学習
⑤革新会計#第1部 ビジョン

第1章 スタート

サイクルタイム短縮
顧客洞察
検証による学び

フィードバックループ
 構築 計測 学習

マネジメント
 ビジョン
 戦略方向転換
 製品最適化
 

第2章 定義

アントレプレナー
 起業に関わる人

スタートアップ
 不確実状況で新製品を作る人的組織

第3章 学び

検証による学び
 不確実な中で進捗を計る

価値
 何が顧客に価値を生むかの学び

無駄
 学びに繋がらない物
  

第4章 実験

価値仮説
 製品が価値提供できるか
 

成長仮説
 新規顧客が製品をどう捉えるか

実験
 早期顧客発見
 実用最小限の製品

4つの問い
 消費者は
  問題に気付いているか
  解決できれば買うか
  我々から買うか

 我々は
  解決策を用意できるか
 

第2部 舵取り

第5章 始動

立上時目標
  仮説前提の戦略での早期検証

挑戦の要
  事業計画の前提となる仮説
  答えが得られない一連の問い

現地現物
 問題本質を自ら現場で確認

必要な情報は外に
 顧客 市場 サプライヤー チャネル

顧客の原型の作り方
 どんな人か
 どんな問題を抱えているか
 

第6章 構築・検証

MVP
 顧客にアピールできる最低限の機能
 それ以上は無駄

MVP作成時の問題
 法的問題
 競合への恐れ
 ブランディングのリスク
 意欲への影響
 

第7章 計測

スタートアップですべき事
 現実の的確な計測

 実験考察
  理想の現実への近づけ方を学ぶ

革新会計
 学びの中間目標
  ベースライン設定
  エンジン調整
  方向転換か辛抱か

 顧客フロー
  一連の行動
   生き残りの鍵
 

第8章 方向転換(あるいは辛抱)

方向転換
 新規仮説(戦略 製品 成長エンジン)を検証できる構造へ

方向転換の型(抜粋)
 ズームイン型
  製品機能の一つを製品全体に

 ズームアウト型
  製品全体をより大きな製品の一つの機能に
 

第3部 スピードアップ

第9章 バッチサイズ

起業でのバッチサイズ縮小
 短期で持続可能な事業構築を学べる

プルで仕事を進める
 フィードバックループの逆順
   学習 計測 構築
 

第10章 成長

持続的成長源泉
  口コミ
  製品利用の効果
  優良広告
  購入 利用のリピート

成長エンジン
 粘着型  
  魅力的に製品改良し定着率増加

 ウィルス型  
  口コミで認知拡散

 支出型  
  顧客当たり売上増加
  顧客獲得コスト低減
 

第11章 順応

順応性の高い組織
 変化に合わせ過程 能力を自動調整

5回のなぜ
 真因を見つけ正す

第12章 イノベーション

破壊的イノベーションの醸成方法
 組織的特質
  少ないが資源がある
  事業を起す権限がある
  成果に個人的利害がある
 

第13章 エピローグ  無駄にするな

システム優先の危険性
 個人の順応性 創造性 知恵が利用できない
 

第14章 活動に参加しよう

感想

本書では著者であるエリック・リース氏が起業で失敗を重ねる過程で得た「リーンスタートアップ」の考え方が公開されている

リーンスタートアップとは、仮説に基づいた実用最小限の製品(MVP)を直ぐに作り、実際に顧客に使って貰った実験結果から成長につながる価値を学ぶ(検証による学び)という一連の工程をくり返す「構築―計測―学習」のフィードバックループの取り組みであり、仮説に対して実験結果が違う場合、そのまま進むか方向転換(ピボット)するかを決定する

活動の指針や判断基準が曖昧になりがちな起業活動において、本書で公開されてる考え方は非常に参考となるものである

ビジネス構築の関連書「開発戦略は「意思決定」を遅らせろ」(http://bukupe.com/summary/5520)や「ビジネスモデルジェネレーション」(http://bukupe.com/summary/6718)と合わせて読む事をお勧めする

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く