異常に高い結婚式費用!スマ婚はなぜ安いのか?

3793views読書大好き読書大好き

このエントリーをはてなブックマークに追加
なぜ「スマ婚」はヒットしたのか 誰もが挙式できる世の中へ (ゲーテビジネス新書)

結婚式特有のマージンの高さがわかる。冠婚葬祭というリピートのないビジネスだからこそ、スマ婚がなぜ安いのか理解できる。

異常に高い結婚式費用

スマ婚というのは、「スマートな結婚式」の略。価格についた贅肉をそぎ落とすことで、かつては三百万円かかった結婚式を約百五十万円に、四百万円の結婚式ならば約二百万円に、適正価格化した。

ふだんは無料の備品も結婚式では有料になる。

六百万円の結婚式の利益は三百五十万円。

一生に一度だから最高にしたい!は要注意。

ウェディングプランナー対策

ウェディングプランナーに資格制度はない。

成約時に新婦の心をつかんでしまえば、あとは結婚式当日まで新婦と二人三脚で歩いていけばいい。「私(ウェディングプランナー)の販促=新婦の願い」というカタチを最初につくってしまいます。式までのプロセスでは、予想以上にお金がかかって、新郎新婦のほとんどは何度かもめます。その時は、常に新婦とウェディングプランナーがぺアになって新郎と向き合う。「ご主人は奥様の夢をどこまで実現させることができますか?」というスタンスをずっと維持します。常に二対一のハンディキャップマッチで、新郎は孤立状態です。

正直申し上げて、ウェディングプランナーから見ても、最初の見積りからまったく増やさない結婚式でも十分に華やかなんです。料理のコースの魚が鱸(すずき)でもサーモンでもゲストの気持ちはたぶん同じですし。

ゲストにはスマ婚だとはわからない

感想

結婚式業界って腐っていると感じられます。マージンの高さが異常な業界なんだなぁと。高すぎても安すぎてもいけないとは思いますが、適正な値段であれば幸せな結婚式ができるんじゃないかな。

このまとめと関連のあるカテゴリー

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く