青色発光ダイオードの開発を成功させた中村修二の考え方「バカになれる男」が勝つ!

2004viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
「バカになれる男」が勝つ!―非常識・型破りから生まれた世界のナカムラマジック! (知的生きかた文庫)

「バカになれる男」が勝つ

・専門家を鵜呑みにしない(専門家は専門バカに陥って、抜け出せなくなっている)

・自立した考えが、独創的な考え方を生み出す

・外的な判断はカッコでくくる(外の意見に左右されずに、本質を見抜く)

・人生で一番大切なキーワード「できない理由を探すな!」

・失敗の中にこそ可能性が隠されている

・独創的な人間であるかどうかは1つのことに熱中できる「根気」があるかで決まる

・百の未完成な物を経験するより、一つの完成品を作るほうが大切

・完成させることが大切なのは、それが人の目にとまるから

・撤退屋の忠告を真に受けるな

・データというのは過去の情報の集積で、それを多く集めても未来は開けない

・情熱を外野に吸い取られるな!

・仕事に精通するほど、革新を生む力がつく

・成功の扉をこじ開ける武器を持て

・常識の中に、ビッグチャンスはない!

・すぐに法則を求めようとするな(起きている現象を見逃さない)

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く