孫正義が働く君に知ってほしいビジネス5つの考え方

4021viewsreading_boxreading_box

このエントリーをはてなブックマークに追加
孫正義 働く君たちへ: 「腹の底からの思い」を語ろう

概要

今の時代にこそ、「日本をもう一度よみがえらせる」という、海援隊が志したビジョンを思い出してほしい。坂本龍馬の高い「志」のもとに多くの若者たちが結集したように、多くの若者たちが力を合わせてほしい。

第1章 自分を一気に成長させる法

・今、もっとも必要なもの…『前に進むために何をするか』を考える
・第一回目の人生の「勝負」…『退路を断つ』という勇気
・言い訳を言わないために…つねに最前列に
・体がしびれるほどの「感動」…『運命の出会い』は予期せぬところにある
・「ライフプラン」を立てる…『この10年ですべきことは何か』を考える
・「無謀なかけ」に出るべきとき…確信に基づいた熱意は、必ず通じる
・「お金よりも価値のあること」とは…自分を最高に突き動かす『思い』
・自ら率先して手を上げる…『損得』という計算だけでいいのか
・「本当に夢中になれるもの」に出会ったら…若いときにしかできない『働き方』をする
・一つのことに「こだわらない」…『本当に大切なこと』を明確にする
・「守り」の真の意味…『正しいこと』がもっとも強い
・リーダーに求められる条件とは…『いい人』でいるわけにはいかない

第2章 夢を着実に実現する法

・自分にとっての「脱藩」…人生は短いからこそ
・「独創性」を鍛える…『クリエイティブ』とは「組み合わせる力」
・「知恵」を活性化させる方法…1日の中の『5分間』にエネルギーを投じる
・「人を巻き込む力」とは…夢を『語る』力
・なぜ「ビジョン」が大切なのか…『目的地』と『現在地』を明確にする
・相手からの「学び方」…『謙虚さ』と『自分を曲げない強さ』の両立
・思いを「形」にするために…必要なのは戦略、戦術、勝つための備え
・勝つ戦いの「流儀を知っているか…『フェアであること』にこだわる
・「過去」と「確率」は関係ない…リーダーは『意地』になってはいけない
・「タイミング」という絶対の武器…失敗を認めることができるか
・「根拠のない自信」でもいい…『想像できること』は必ず実現できる

第3章 ライバルに圧倒的に差をつける法

・「志高く」…ただ賢いばかりではダメ
・99%と1%の人を分けるもの…『一所懸命』『根性論』に逃げない
・一流の人材とは
・「もうこれでいい」と満足することはない
・「やるべきこと」を徹底する
・「できない理由」を探していないか
・「圧倒的ナンバーワン」を目指す
・「世界の中の自分」という視点
・「挑戦」し続ける
・人生の時間を無駄にしないため

第4章 「壁」を楽しく乗り越えていく法

・困ったときほど「遠く」を見る
・ときには「とことん悩み抜く」
・「自分の一生をかける」にふさわしい仕事とは
・世の中が面白くないと思うのなら
・「問題点」のとらえ方
・「責任」から逃げない
・「一人の力」の限界を知る

第5章 「明日」を読んで今日働く

・戦略眼を持つ
・時代を切り拓く「考え方」
・「革命を起こす」とは
・「敵は味方なり」の意味
・「今のままの延長線上」でいいのか
・これからは厳しい仕事
・「スピード感」をつかむ
・山は「誰かと一緒に」登れ
・今日が人生最後の1日だとしたら
・時代を変える「働き方」
・「幸せ」を提供する
・人生の大命題とは

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く